スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

令和3年度「平和を語る市民のつどい」の講演映像を期間限定で配信します。

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年8月27日

コンテンツ番号130286

令和3年度「平和を語る市民のつどい」の講演映像を期間限定で配信します。

 戦後76年を迎え、戦争体験を風化させず次世代に継承していくとともに、平和な地域社会の実現に向けた意識の高揚を図るため、「平和を語る市民のつどい」を8月7日(土)開催しました。

 講演については、当初、当日のみのオンライン配信としておりましたが、平和館特別展「平和のために見る・知る 沖縄戦」の開催期間の8月26日(木)までの間、講演映像の録画配信をいたします。

  ※関連ページ 過去の戦争を学び、未来の平和を考えてみよう

【配信期間】  ※配信は終了しました。

 令和3年8月18日(水)~令和3年8月26日(木)

【内 容】  

 講演会「語り継ぐ戦争体験と戦時下の遍照寺の半鐘」

【講 演】

 1 木村 孝 徹 氏  

  神奈川学園中学・高等学校の社会科教員として、学校では「戦争と平和」の学習を大切にしている。長年行っている沖縄戦のフィールドワークなどについての講演。

  

 2 柳川 たづ江 氏   

  日中戦争と沖縄戦を戦った元日本への父、日比野勝廣さんが体験した戦争の怖さ、悲惨さ、戦場の様子を、腹話術と語りで娘の立場から講演。

   

 3 服部 隆 博 氏   

  川崎市教育員会事務局文化財課、市民ミュージアム学芸員を経て、現在、文化財課長、専門は、考古学。昨年、発見された遍照寺の半鐘についての講演。

  

 

講演会「語り継ぐ戦争体験と戦時下の遍照寺の半鐘」

 

【アンケート】

 講演会について、アンケートへの御協力をお願いいたします。

 アンケート回答はこちらから

アンケート回答QRコード

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局人権・男女共同参画室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル9階

電話:044-200-2688

ファクス:044-200-3914

メールアドレス:25zinken@city.kawasaki.jp