スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

不動産貸借

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年1月14日

コンテンツ番号5694

Q

賃貸マンション退去の際の立会い点検では、特に修理が必要な箇所は言われなかったのに、修理費やハウスクリーニング代等を請求され、敷金の一部しか返金できないと言われた。納得できない。

A

借主の故意や過失による損耗は、借主が修理費負担をする必要がありますが、誰が住んでも生じる損耗(経年劣化などの自然損耗)の修理費は毎月の賃料に含まれ、借主に費用負担の義務はないという考え方が、国土交通省の「賃貸住宅の原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に示されています。
修理費等の明細書を求め、納得できない請求は、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」外部サイトへリンクしますを参考にし、貸主と話し合ってみてください。

 

相談事例をご覧になり、解決しない場合はメール相談にお進みください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター
〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11番地2川崎フロンティアビル10階
電話:044-200-2263
ファクス:044-244-6099