スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

エステティックサービス・語学教室・学習塾

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年3月3日

コンテンツ番号5715

Q1

ネット広告を見て、エステのお試し体験を受けに行ったところ、担当者から今後も続けたほうが良いと勧誘されたので、エステのコース契約をし、支払いについては個別クレジットを利用して分割払いにすることにした。その後、エステに行くたびに化粧品等を勧められ、クレジットの返済ができなくなった。エステの効果も感じられないので、中途解約したい。

A1

契約期間1か月以上、契約金額が5万円以上のエステティックサービス(痩身・脱毛・フェイシャル)の契約は、特定商取引法で「特定継続的役務提供」として規定されており、契約書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフ(無条件解約)が可能です。また、クーリング・オフ期間が過ぎていても、契約の期間内は、利用したエステ代金と解約損料(未利用のエステ代金の100分の10か2万円のいずれか低い額が上限)を支払えば、いつでも中途解約が可能です。また、エステの契約時に必要と言われた購入した関連商品(化粧品やサプリメント等)もクーリング・オフや中途解約が可能です。しかし、既に使ってしまった化粧品等は、原則クーリング・オフや中途解約ができません。

その他、同様事例は「消費者相談事例集」を参考にしてください。契約内容に納得できない、あるいは、中途解約の清算に問題があると思われたときは、消費者行政センターに電話・来所によりご相談ください。

 

Q2

英会話教室に通うこととし、有効期限6か月のチケット20回分を購入した。しかし、レッスンを受けたい日の予約がなかなか取れず、ほとんどレッスンが受けられない。このままでは有効期限内に通えないと思うので、中途解約を申し出たが、一向に精算してくれない。

A2

契約期間2か月以上、契約金額期間が5万円以上の語学教室の契約は、特定商取引法で「特定継続的役務提供」として規定されており、契約書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフ(無条件解約)が可能です。また、中途解約したときに、事業者が消費者に請求できる金額が定められています。
レッスン開始後の解約の場合は、消費者が負担する額は、受講したレッスン代金と解約損料(未受講のレッスン代金の100分の20か5万円のいずれか低い額)が上限となっています。また、レッスン開始前の解約損料の上限は1万5千円です。
契約内容に納得できない、あるいは、中途解約の清算に問題があると思われたときは、消費者行政センターに電話・来所によりご相談ください。

Q3

半年前、大学受験対策のために息子を学習塾に通わせることとし、1年分の授業料を支払った。しかし授業の内容が息子と合わなかったようなので、中途解約することを申し出たが、熱心に説得され、引き止められてしまった。未受講分の授業料が返金されないのであれば続けようと思うが、返金されるのか。

A3

契約期間2か月以上、契約金額が5万円以上の学習塾の契約は、特定商取引法で「特定継続的役務提供」として規定されており、契約書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフ(無条件解約)が可能です。また、クーリング・オフ期間が過ぎていても、契約の期間内は、受講した授業料と解約損料(1か月分の授業料に相当する額か2万円のいずれか低い額が上限)を支払えば、いつでも中途解約が可能です。

一方、月謝制の学習塾で、契約形態として月毎に更新される場合は、原則「特定継続的役務提供」に該当しないため、解約は学習塾の規約に則った解約になります。また、対象者は小学生、中学生、高校生等に限定されており、小学校に入学するためのいわゆる「お受験」や、浪人生のみのコースの学習塾は適用されません。

契約内容に納得できない、あるいは、中途解約の清算に問題があると思われたときは、消費者行政センターに電話・来所によりご相談ください。


相談事例をご覧になり、解決しない場合はメール相談にお進みください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター
〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11番地2川崎フロンティアビル10階
電話:044-200-2263
ファクス:044-244-6099