スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

多摩川ナシ栽培支援講座~第2期生~(第12回~)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2008年9月8日

コンテンツ番号17493

多摩川ナシ栽培支援講座(第2期生)を平成19年4月から開始し、主に
フルーツパーク(現農業技術支援センター)でナシ栽培の基礎的な講義及び
実習を行いました。
2年目の今年度は、主に生産現場で農作業を通して、ナシ栽培の実際を学びます。

第12回 摘蕾の目的と方法について

実施日:平成20年4月4日

 第12回目は、摘蕾の目的と方法についての講義・実習を行いました。
 摘蕾はナシの生産者の白井さんから直接指導を受けました。
 実習開始直後、受講生はきれいに咲くナシの蕾を摘んでしまうことに抵抗があるようでした。

摘蕾についてはこちら

摘蕾の実習風景

摘蕾の実習風景

第13回 受粉実習

実施日:平成20年4月16日

 第13回目は、受粉実習を行いました。
 受粉実習は、ナシの生産者の小泉さんの園で行いました。
 昨年の実習とは異なり、できるだけ経験を積むため園全体を回って受粉作業を行いました。

受粉についてはこちら

受粉の実習風景

受粉の実習風景

第14回 摘果実習

実施日:平成20年4月25日

 第14回目は、摘果実習を行いました。
 実習は、ナシの生産者の鹿島さんの園で行いました。
 果実は小豆程度の大きさまで成長していました。よりよい果実を収穫するための重要な作業ということもあって、受講生は丁寧に作業を行いました。

摘果についてはこちら

摘果の実習風景

摘果の実習風景

第15回 袋かけ実習

実施日:平成20年5月16日

 第15回目は、袋かけ実習を行いました。
 実習は、ナシの生産者の小泉さんの園で行いました。
 受講生は昨年の講習での経験を活かし、精力的に袋かけを行いました。

袋かけについてはこちら

袋かけの実習風景

袋かけの実習風景

第16回 新梢誘引実習

実施日:平成20年7月4日

 第16回目は、新梢誘引実習を行いました。
 実習は、ナシの生産者の鹿島さんの園で行いました。

 来年の花芽を確保する重要な作業であるため、受講生は1本1本丁寧に誘引を行いました。

新梢誘引についてはこちら

新梢誘引の実習風景

新梢誘引の実習風景

第17回 収穫・選果・荷づくり実習

実施日:平成20年8月22日

 第17回目は、収穫・選果・荷づくり実習を行いました。
 実習は、ナシの生産者の白井さんの園で行いました。

 収穫後の選果・荷づくりは、生産者と消費者との間の食の安心・安全に関する信頼関係を築く重要な行程であり、受講生の実習に対する姿勢も真剣そのものでした。

収穫についてはこちら

収穫の実習風景

収穫の実習風景

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業技術支援センター

〒214-0006 川崎市多摩区菅仙谷3-17-1

電話:044-945-0153

ファクス:044-945-6655

メールアドレス:28nougic@city.kawasaki.jp