スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

多摩川ナシ栽培支援について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年5月27日

コンテンツ番号18075

 現在、募集は行っておりません。 
受講生の募集は、下記の第一期生、第二期生をもって締め切りました。
多くの方々に御応募いただきありがとうございました。

第一期生について

平成19年2月23日の修了式・意見交換会を終え、15人の受講生が修了しました。
修了生は「ありのみ会」というグループを結成し、多摩川ナシの栽培支援を行っています。

第二期生について

平成19年4月6日から2年間の講座(受講生17人)を実施しました。
第二期修了生も「ありのみ会」に所属し、多摩川ナシの栽培支援を行っています。
1年目の講義内容についてはこちら
2年目の講義内容についてはこちら

援農について

手伝いが欲しい多摩川ナシ生産者に対し、「ありのみ会」がお手伝いをします。
援農を希望する生産者は「ありのみ会」に直接連絡をとるか、
または、農業技術支援センターまでお問い合わせください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業技術支援センター

〒214-0006 川崎市多摩区菅仙谷3-17-1

電話:044-945-0153

ファクス:044-945-6655

メールアドレス:28nougic@city.kawasaki.jp