スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

2.令和2年度商店街魅力アップ支援事業 審査申込みについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年12月10日

コンテンツ番号79430

魅力アップ支援事業については、審査制度を設けております。
この補助制度を利用する場合、前年度にエントリーしたうえ、次のとおり審査申込みが必要となります。

審査概要

経済労働局において開催する審査会の結果に応じて、補助金を交付します。

提出書類

必要事項を記載し、メールまたは郵送、ファクスで商業振興課あてに送付してください。
それぞれの提出書類はA4用紙1枚を超過しないよう記載をお願いします。

  • 提出書類
    (1)事業計画書 第1 概要書
    (2)事業計画書 第2 経費配分書
    (3)事業計画書 第3 PRシート
    (4)事業計画書 第4 審査結果等への対応想定
    (5)役員名簿(商業者団体のみ要提出)

募集要項等

提出期限

令和2年1月24日(金曜日)必着

評価方法

最高評価である先導的事業の審査は、書類に加えてプレゼンテーションによる評価を行います。
先導的事業を希望しない場合は、書面のみによる審査となります。

評価基準

補助対象事業の選定・評価は、提出していただいた書類をもとに、学識経験者等の専門家で構成する意見聴取を経て審査会により評価を行います。

特に事業効果が高く、他団体の参考になると認められたものを、先導的事業とします。

評価については事業計画書第3に記載の項目・配点等から総合的に審査します。

なお、先導的事業についてはプレゼンテーションを行っていただきます。
プレゼンテーションは令和2年2月27日(木曜日)午後を予定し、詳細の時間は後日連絡いたします。

その他注意事項

  • 同一団体の先導的事業獲得は連続2回までとし、3回目は先導的事業へのエントリーができないものとします。
  • 累積3度魅力アップ事業となった場合は、以降同事業への補助は行いません。
  • 本事業の実施は、令和2年度予算の議会での成立を前提とするものです。
  • イベント事業において、2つのイベントを補助対象として申請する場合は、事業計画書において事業の連続性について必ず説明してください。連続性が認められない場合、一方の事業のみを補助対象とする場合があります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業振興部商業振興課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2328

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28syogyo@city.kawasaki.jp