スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

ステッキjam®︎

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月31日

コンテンツ番号84743

認証年度 2016年度(KIS2016-07)

ステッキjam®︎
ステッキjam®︎

製品概要

 テーブル等にネジや面ファスナーで取り付けて使用するステッキホルダー。U字型のホルダーに杖を軽く押し当てるだけでホールドでき、立て掛けた杖が倒れる心配や煩わしさを解消します。テーブルに付ければ食事や趣味・レクリエーション、レジカウンターに付ければ財布を取り出しての支払いなど、杖を使用する方が日常動作をより快適に行えるようサポートする製品です。ホールドした杖を取り出す時も杖を手前に軽く引くだけでよく、使用するために力を入れる必要はほとんどありません。また、使用しない時はホルダーを押し込めば格納でき、邪魔になりません。JIS規格仕様品です。

開発背景

 リハビリ関連製品の開発・生産に20年間関わり、杖ご利用者様の行動を拝見し何に不安を感じておられ何を必要としておられるかを知る機会に恵まれた事により開発を開始いたしました。10年程前国際福祉機器展へ展示の際、ある方より「福祉の進んだヨーロッパでもこのように具合の良いものは見たことがないのでヨーロッパの展示会へも是非出展なさい。」とお言葉をいただき開発にはずみがつきました。

開発の意義

 杖をお使いの方が安全に安心して外出できる杖ホールド環境(弊社ではスタンドアローン環境と称しています)を構築する為に、建築・車両・家具・衛生機器・手摺の設計者などに共用設計された杖保持部品を認識していただく事により、杖をお使いの方が行動される動線上の施設などへ共用なアクセシブルデザインが普及する事です。

創意工夫

 1.微弱な力で杖の出し入れ可能 2.手の震える方も片手で使用可能 3.腕の上がらない方でも杖を軽く押すだけで使用可能 4.衣服などが引っかかりにくい 5.いたずら防止設計 6.杖の設置角度に自由度がある為傘への使用も可 7.傷つけや破壊に強い 8.高耐久性 9.さまざまな形状に組み込める共用設計 10.色が豊富なのでデザイン選択が可能 11.建築設計カウンター、手摺などへの組み込み設計が可能 12.ATMや自動受付機への設計組み込みが可能 13.各種特許、意匠、商標の取得により類似商品との差別化を図り安全性を担保。

メッセージ

 コンセプトのスタンドアローン(自立)は杖をホールドする製品や設計群を総称した表現であり、杖ご利用者様の自立・杖を立てるという意味を有します。キャッチコピーは「やさしさのウェーブ」。やさしい気持ちや思いやりが企業や行政とつながり、やさしさを感じる社会の実現し、スタンドアローン製品群やスタンドアローン設計の普及に伴いコンセプトを共有できる仲間が増える事です。

かわさき基準認証総合評価コメント

 日常生活において杖を使用して活動される方が、杖を手放して他の活動を行う際に、杖の転倒を防ぐ製品として評価できます。また、格納型のステッキホルダーとして、使用しない際に邪魔にならないよう工夫されている点も評価できます。

 ダイバーシティのまちづくりの推進に期待できる製品として、かわさき基準の理念における「活動能力の活性化」「ノーマライゼーション」への適応を高く評価し、認証に値するものと判断します。

製品価格

3,800円(税抜)

問合せ先

社名:プラス株式会社ジョインテックスカンパニー

住所:東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー13階

電話番号:03-6205-8986

FAX:03-6205-8607

メール:smartkaigo@jointex.co.jp

URL:http://www.smartkaigo.jp/外部サイトへリンクします

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局イノベーション推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階

電話:044-200-3226

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28innova@city.kawasaki.jp