スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

移乗サポートロボット Hug L1

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月31日

コンテンツ番号115401

認証年度 2019年度(KIS2019-07)

簡単操作でらくらく移乗

移乗サポートロボット Hug L1

製品価格 88万円(非課税)

製品概要

高齢者や障がい者の方の移乗動作をサポートするロボットです。ベッドから車椅子、車椅子からお手洗いといった座位間の移乗や、脱衣場での立位保持でお役に立てます。Hugは、本当はまだご自身の足の力は残っているのに、さまざまな理由により足を使う機会がなくなってしまっている方が、ご自身の脚力を活かしながら最小限の介助で移乗することをサポートします。
その他特長
・スリングシートなどを用いませんので、準備に時間がかかりません。
・小型に設計されていますので、使う場所を選びません。
・介護士の方の身体的負担を軽減します。

開発背景

前のモデルであるT1は日本全国の介護・障がい者施設で使用されており、その現場から上がった要望、装置の使用状況を分析し、フィードバックさせ改善したものがこのモデルです。

開発の意義

T1に興味を持って頂いたお客様の中で在宅でも使用したいという意見は多くありましたが、T1では価格が高く、個人の方が購入することはできませんでした。そこで介護施設だけでなく、在宅でもご利用いただけるように、介護保険レンタルできる価格、装置仕様にしました。

創意工夫

今回開発したL1は装置の軽量化、低価格を実現するために、1アクチュエータで2段階モーションを実現しました。また車いすやお手洗いの寄り付き性を向上させるため、フットプレートの形状を変更しています。

メッセージ

Hugは準備に時間がかからず、操作も簡単な手軽に使える機器です。加齢や障がいによって歩行器が難しくなった方が、そのまま寝たきりに移行しないよう、状態を維持しながら生活を続けていくため、歩行器の次の支援機器として、より良い介護に役立てるように活用いただきたいと思います。
今後も皆様の笑顔に結びつく製品を開発し普及してまいります。

かわさき基準認証総合評価コメント

端座位はできるが立位が不安定な方がベッド、トイレなど座位間の移動や立位保持に利用する製品として、介護者が場所を選ばず使用できるとともに、操作が簡単で誰でも移乗介助が実施できることは評価できます。モニター評価においても「2人介助が必要な利用者のトイレ介助が1人介助でできるようになった」、「移動性能が高く、介護現場で使用しやすい」、「移乗に係る利用者負担が少ない」など<理念5 活動能力の活性化>等において優れた配慮があるとの評価を受けました。<理念1 人格・尊厳の尊重>、<理念5 活動能力の活性化>等の優れた配慮を評価し、2019年度かわさき基準(KIS)認証福祉製品に認証いたします。なお、<理念6 利用しやすさ>において「販売価格が高額だと感じる」との意見がありましたので、今後の改善を期待します。

問合せ先

社名:株式会社FUJI

住所:愛知県知立市山町茶碓山19

電話:0566-81-8276

FAX:0566-83-1140

会社ホームページhttps://www.fuji.co.jp/外部リンク

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局イノベーション推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階

電話:044-200-2334

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28innova@city.kawasaki.jp