スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

令和2年度「全国安全週間」が実施されます(2020年7月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年7月1日

コンテンツ番号118686

このページは、広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です。

本週間2020年7月1日~7日(準備期間2020年6月1日~30日)

今年で93回目になる全国安全週間は、労働災害を防止するために産業界での自主的な活動の推進と、職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的として毎年実施されています。

令和2年度「全国安全週間」スローガン 

エイジフレンドリー職場へ! みんなで改善 リスクの低減

厚生労働省では、近年増加している高年齢労働者の労働災害を防止するため、高年齢労働者の安全と健康確保のためのエイジフレンドリーガイドラインを策定するとともに、中小企業を支援するエイジフレンドリー補助金を創設し、職場改善の取組をお願いしております(エイジフレンドリーとは「高齢者の特性を考慮した」を意味する言葉で、WHOや欧米の労働安全衛生機関で使用されています)。

これらを踏まえ、令和2年度のスローガンでは、事業者と労働者が一体となって「リスクアセスメント」を行うことなどにより、高齢者が安心して安全に働ける職場環境を形成することを通じて、すべての働く人の労働災害を防止するよう呼びかけています。

職場の安全、全国安全週間に関する情報は下記で発信しています。

厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10181.html外部リンク

中央労働災害防止協会
https://www.jisha.or.jp/campaign/anzen/外部リンク

川崎市の労働災害発生状況

平成31年(2019年)の川崎市の事業場の労働災害による休業4日以上の死傷者数は1023 人、死亡者2人と、平成30 年から死傷者数は47人増加、死亡者は8人減少しました。

災害発生状況(年別推移)

(資料出所:川崎南・川崎北労働基準監督署)

熱中症に警戒を!

1.神奈川県内の職場における熱中症の状況

平成30年(2018年)は、職場における熱中症により神奈川県内で休業4日以上の死傷者数が74名と近年で最も多い年となり、うち亡くなられた方が4名にのぼりました。

神奈川県内の職場における熱中症発生状況

2.職場における熱中症予防のポイント

直射日光等により高温・多湿になる屋外作業場所などでは、熱中症を予防するため次の対策に努めてください。

  1. 休憩場所の整備
  2. 暑さ指数(WBGT値)の活用
  3. 作業時間の短縮
  4. 熱への慣れ・適応
  5. 水分・塩分の摂取
  6. 通気性の良い服装の着用
  7. 日常の健康管理
  8. 熱中症についての教育
WGBT 値と気温、相対温度との関係

3.応急措置

あらかじめ緊急連絡網を作成し、関係者に知らせておいてください。また、作業現場の近くの病院や診療所の場所を確認してください。

  • 暑い現場から涼しい日陰か、冷房の効いている部屋などに移す。
  • 衣類を緩めて(場合によっては脱がせて)、体からの熱の放射を助ける。
  • 氷のうや濡れタオルなどで、首、脇の下、脚の付け根を冷やす。
  • 水や塩分を取らせる。


(異常時の措置)
呼びかけに対する返事がおかしいなど意識障害がある場合、自力で水分が摂取できない場合、症状が回復しない場合、その他必要と認める場合には、直ちに医療機関に搬送してください。

厚生労働省では、職場における熱中症予防対策の一層の推進を図るため、労働災害防止団体などと連携し、「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施しています。

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。外部リンク

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-3653

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp