スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

主要労働経済指標(2020年7月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年7月1日

コンテンツ番号118715

このページは、広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です

令和2年7月 主要労働経済指標

1-1 労働市場(神奈川県、川崎市)

  • 4月の神奈川県内の有効求人倍率は、1.03倍で前年同月に比べ0.17ポイント下回りました。
  • 4月の川崎市内の有効求人倍率は、0.82倍で前年同月に比べ0.13ポイント下回りました。
川崎公共職業安定所
年月有効求人数(a)有効求職者数(b)有効求人倍率(a/b)
平成29年度平均              9,186                   6,534 1.41
平成30年度平均              9,729                   6,217 1.56
令和1年度平均              9,732                   6,206 1.57
令和1年11月            10,216                   5,940 1.72
令和1年12月              9,833                   5,478 1.79
令和2年1月              9,288                   5,666 1.64
令和2年2月              9,391                   5,741 1.64
令和2年3月              9,310                   5,902 1.58
令和2年4月              8,553                   6,022 1.42
川崎北公共職業安定所 
年 月有効求人数(a)有効求職者数(b)有効求人倍率(a/b)
平成29年度平均              7,476                 11,035 0.68
平成30年度平均              7,485                 10,831 0.69
令和1年度平均              6,898                 11,340 0.61
令和1年11月              7,095                 11,143 0.64
令和1年12月              6,737                 10,600 0.64
令和2年1月              6,314                 10,873 0.58
令和2年2月              6,561                 10,923 0.60
令和2年3月              6,647                 11,148 0.60
令和2年4月              5,785                 11,451 0.51
川崎市全体
年月有効求人数(a)有効求職者数(b)有効求人倍率(a/b)
平成29年度平均16,662 17,560 0.95
平成30年度平均17,215 17,049 1.01
令和1年度平均16,630 17,546 0.95
令和1年11月17,311 17,083 1.01
令和1年12月16,570 16,078 1.03
令和2年1月15,602 16,539 0.94
令和2年2月15,952 16,664 0.96
令和2年3月15,957 17,050 0.94
令和2年4月14,338 17,473 0.82
神奈川県
年月有効求人数(a)有効求職者数(b)有効求人倍率(a/b)
平成29年度平均             113,990                 96,475 1.18
平成30年度平均             111,982                 93,298 1.20
令和1年度平均             106,428                 92,261 1.15
令和1年11月             110,646                 89,430 1.18
令和1年12月             107,971                 84,415 1.19
令和2年1月             101,220                 85,903 1.08
令和2年2月             101,860                 87,864 1.06
令和2年3月             100,696                 90,739 1.07
令和2年4月               88,163                 92,235 1.03

資料出所 

川崎公共職業安定所「統計月報」
外部リンク

川崎北公共職業安定所「統計月報」外部リンク

神奈川労働局職業安定部「労働市場月報」外部リンク

注意、労働市場は新規学卒者を除き、パートタイマーを含んだ数値で、県有効求人倍率の月別、及び年度平均は季節調整値である。

  • 神奈川労働局では毎年、新季節指数を適用し前年度の数値を一部改訂しています。
  • また、平成21年4月以降は、南部(川崎公共職業安定所)の数値に川崎区、幸区のほかに、横浜市鶴見区分を含んでいます。

1-2 労働市場(全国)

  • 4月の完全失業者数は189万人となり、完全失業率は2.6%となりました。一方、有効求人倍率は1.32倍で、前年同月に比べ0.31ポイント下回りました。
全国の労働市場一覧
年月

完全失業者

(万人)

完全失業者

(前年比)

完全失業率(%)有効求人倍率
平成29年度平均190 -8.7 2.8 1.50
平成30年度平均167 -12.4 2.4 1.61
令和1年度平均162 -3.2 2.3 1.60
令和1年11月151 -17.0 2.2 1.57
令和1年12月145 -14.0 2.2 1.57
令和2年1月159 -7.0 2.4 1.49
令和2年2月159 3.0 2.4 1.45
令和2年3月176 2.0 2.5 1.39
令和2年4月189 13.0 2.6 1.32

資料出所 

総務省統計局「労働力調査」外部リンク

厚生労働省「一般職業紹介状況」外部リンク

注意、全国の完全失業率、有効求人倍率の月別、及び年平均は季節調整値。ただし、完全失業者数は月別、年平均ともに原数値。

2 業種別労働災害発生状況

  • 令和2年1月~4月の労働災害発生状況は、前年比25件増の235件となりました。
業種別労働災害発生状況(令和2年1月から3月分)
業種当年累計前年同期累計前年同期対比件数前年同期対比(%)
製造業 36(0)38(0)-2 -5.3
建設業32(1)34(0)-2 -5.9
運輸業43(0)51(1)-8 -15.7
その他124(0)87(0)37 42.5
総計235(1)210(1)25 11.9

資料出所

神奈川労働局(川崎南労働基準監督署)外部リンク

神奈川労働局(川崎北労働基準監督署)外部リンク

注意 件数は休業4日以上の死傷、(数字)は死亡者内数。死亡件数は把握時、休業件数は死傷病報告により集計とする。

3 関連指標(全国、神奈川県、川崎市)

  • 4月の川崎市消費者物価指数は、101.9となり、前年同月に比べ0.1ポイント上回りました。
  • Pの数値は速報値です。
常用労働者賃金(円)
年月全国
平成29年度平均376,500 316,966
平成30年度平均389,060 369,819
令和1年度平均389,118 377,839
令和1年11月332,933 362,520
令和1年12月738,557 688,358
令和2年1月314,231 307,059
令和2年2月306,574 298,574
令和2年3月325,787 317,820
令和2年4月 P307,921
総実労働時間数(時間)
年月全国
平成29年度平均144.8 143.4
平成30年度平均141.8 147.5
令和1年度平均140.2 146.3
令和1年11月143.7 158.9
令和1年12月141.7 145.2
令和2年1月131.2 137.7
令和2年2月134.8 139.8
令和2年3月136.5 142.1
令和2年4月 P144.3
所定外労働時間(時間)
年月全国
平成29年度平均12.6 10.9
平成30年度平均12.6 12.5
令和1年度平均13.7 12.8
令和1年11月14.1 15.1
令和1年12月13.7 12.4
令和2年1月11.7 11.8
令和2年2月12.3 12.1
令和2年3月11.3 11.9
令和2年4月 P10.6
消費者物価指数
年月川崎市前年比全国前年比
平成29年度平均100.3 0.4 100.4 0.5
平成30年度平均101.2 0.9 101.3 0.9
令和1年度平均101.8 0.6 101.8 0.5
令和1年11月102.1 0.5 102.3 0.5
令和1年12月102.2 0.8 102.3 0.8
令和2年1月102.0 0.3 102.2 0.7
令和2年2月101.7 0.1 102.0 0.4
令和2年3月101.9 0.2 101.9 0.4
令和2年4月101.9 0.1 101.9 0.1
鉱工業生産指数
年月全国
平成29年度平均104.6 103.1
平成30年度平均103.4 104.1
令和1年度平均103.4 101.4
令和1年11月92.1 97.6
令和1年12月99.1 98.8
令和2年1月97.6 99.8
令和2年2月86.2 99.5
令和2年3月P86.995.8
令和2年4月 P87.1
倒産状況(件数)
 年月川崎市全国
平成29年度平均8 44 670
平成30年度平均4 37 686
令和1年度平均5 44 699
令和1年11月5 41 727
令和1年12月4 36 704
令和2年1月6 53 773
令和2年2月7 29 651
令和2年3月9 34 740
令和2年4月2 32 743

資料出所

市、県:金融課「神奈川県内企業倒産整理状況」

全国:東京商工リサーチ「企業倒産状況」外部リンク

注意

  • 鉱工業生産指数は平成22年を100とする。月別は季節調整値で、年平均は原指数である。また、県数値は製造工業の数値である。
  • 消費者物価指数は平成27年を100とする。
  • 倒産状況は負債総額1,000万円以上の件数で、年平均は合計件数とする。

主要労働経済指標の数値について

過去の数値については、新季節調整値による有効求人倍率の遡及変更など、後に変更や訂正が入ることがありますので、資料出所のホームページ等をご確認くださるようお願いいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-3653

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp