スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

「川崎市農技1号」の愛称とロゴマークの選考について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年7月30日

コンテンツ番号119391

「川崎市農技1号」の愛称とロゴマークの選考について

 のらぼう菜から生まれた新品種「川崎市農技1号」のPRの一環として、令和2年2月1日から令和2年4月30日までに愛称とロゴマークの募集を実施しました。反響は大きく、年代は5歳以下のお子さん80代まで、全国各地から応募があり、愛称1096点、ロゴマーク155点が集まりました。今後は、令和3年2月頃に愛称とロゴマークの発表を行う予定です。

応募作品1

【川崎市農技1号とは】

 川崎市の多摩区菅地区で古くから栽培されている伝統野菜「のらぼう菜」。現在、神奈川県の農林水産物ブランド「かながわブランド」や本市の「かわさき農産物ブランド」に認定されており、美味しいかわさきの郷土作物であることが知られています。

 川崎市農業技術支援センターでは、平成18年から「のらぼう菜」の収穫時期や収量等の特性について調査をしていました。その中で、従来の「のらぼう菜」とは異なる、葉に光沢がある個体を発見しました。

 その後、センターでの10年に及ぶ研究と自家受粉による選抜により、育種した新品種「川崎市農技1号」を平成29年3月に農林水産大臣に品種登録の出願し、2月14日付けで品種登録されました。川崎市では品種登録第1号になります。品種登録は市町村では珍しく、神奈川県内でも初になります。

川崎市農技1号
川崎市農技1号栽培風景

【発表方法】

 結果はあらかじめ受賞者に通知したうえで、市の広報及びウェブサイトで発表します。また、受賞者には記念品として野菜の詰め合わせを贈呈します。

【お問合せ先】

川崎市経済労働局 都市農業振興センター 農業技術支援センター 技術支援係

〒214-0006 川崎市多摩区菅仙谷3-17-1

電話:044-945-0153

ファクス:044-945-6655

メールアドレス:28nougic@city.kawasaki.jp

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局都市農業振興センター農業技術支援センター

〒214-0006 川崎市多摩区菅仙谷3-17-1

電話:044-945-0153

ファクス:044-945-6655

メールアドレス:28nougic@city.kawasaki.jp