スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

令和2年度「全国労働衛生週間」が実施されます(2020年10月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年10月1日

コンテンツ番号121233

このページは広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です。

令和2年度「全国労働衛生週間」が実施されます

主唱者 厚生労働省、中央労働災害防止協会

本週間令和2年10月1日~10月7日

(準備期間令和2年9月1日~9月30日)

令和2年度のスローガンは、 
「みなおして 職場の環境 からだの健康」

今年で第71回を迎える全国労働衛生週間は、毎年10月1日から7日までを本週間、9月1日から30日までを準備月間として、労働衛生水準のより一層の向上及び労働衛生意識の高揚と、自主的な労働衛生管理活動の定着を目的として、昭和25 年の第1 回から毎年実施されている週間です。各事業場で、事業者等の職場巡視、スローガン等の掲示、事故等緊急時の災害を想定した訓練等の実施、労働衛生に関する講習会・見学会等の開催などさまざまな取組を展開していただくことになります。

本年度の重点事項としては、 以下の事項が示されています。
・過重労働による健康障害防止のための総合対策の推進
・労働者の心の健康の保持増進のための指針等に基づくメンタルヘルス対策の推進
・化学物質による健康障害防止対策に関する事項
・石綿による健康障害防止対策に関する事項
・受動喫煙対策に関する事項
・治療と仕事の両立支援対策の推進に関する事項
・その他、腰痛の予防対策の推進、熱中症予防対策の徹底、事務所や作業場における清潔保持

なお、本年については新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、いわゆる「3 つの密」を避けることを徹底しながら、各種取組を労使協力のもとで実施していただくようお願いいたします。そのほか主な取組事項については、次頁の支援体制をご確認ください。

神奈川労働局における過労死等の労災補償状況について(平成30年度)

神奈川労働局における、令和元年度の「過労死等の労災補償状況」を取りまとめました。

脳・心臓疾患の労災請求・決定件数の推移

脳・心臓疾患の労災請求・決定件数の推移

精神障害の労災請求・決定件数の推移

精神障害の労災請求・決定件数の推移

主な取組事項については、以下のホームページをご活用ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-3653

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp