スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

毎年11月はテレワーク月間「働く、が変わる」(2020年11月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年11月1日

コンテンツ番号121989

このページは広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です。

テレワーク月間「働く、が変わる」

職場における感染症対策として「テレワーク」は有効な手段です。また、少子高齢化の進行により生産年齢人口が減少する中、活力ある社会を実現するためには、子育て世代、介護を必要とする家族がいる従業員や高齢者など、働く時間や場所などに制約のある多様な人材が生活と両立しながら就業を継続できる職場環境の整備が求められています。中小企業にとってテレワークを導入することで、限られた人材・資源のなかで、さまざまなリスクに備えられるメリットがあります。
 

テレワークとは?
企業にとってのテレワーク導入効果

テレワーク関連サイト

同紙掲載のP16(裏表紙)「関連補助金(1)設備導入等への補助」もご活用ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2271

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp