スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

労働団体活動リポート【市内労働団体の総会が開催されました】(2021年1月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年1月1日

コンテンツ番号123494

このページは、広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です。

川崎労働者福祉協議会 第36回定期総会

川崎労働者福祉協議会

川崎労働者福祉協議会の第36回定期総会が、令和2年11月13日(金)に川崎市立労働会館で開催されました。主催者を代表して小原会長から「春以降はコロナの影響により、多くの活動を中止・延期せざるを得ない状況となりましたが、その中でもできることを考え、コロナ禍での取組として、いち早く『未使用マスク寄付活動』に取り組むなど、工夫しながら取組を進めてまいりました。
 また、これまでの取組である『タオル1本運動』についても集約場所であるメーデーは中止となりましたが、1540本ものご協力をいただき、市内の福祉施設への寄贈活動を継続することができました。昨年より活動の柱の一つとなった『フードバンク・フードドライブ』の取組についても、この状況の中さまざまな場所でフードドライブを実施いただき、多くの食材をフードバンク神奈川へ寄付することができました。引き続き、あらゆる場面で「食の助け合い・支え合い」を意識いただき、これまで以上の活動推進をお願いしたいと思います。」と挨拶がありました。

川崎地域連合第30回定期総会

川崎地域連合第28回年次総会

日本労働組合総連合会神奈川県連合会川崎地域連合の第30回年次総会が、令和2年11月13日(金)に川崎市立労働会館で開催されました。
 主催者を代表して藤吉議長から「今年度はこのコロナの影響から多くの運動・活動を中止し、または形式を変えざるを得ない状況となりました。コロナの影響を受けて既に深刻化している雇用環境への取組については、地域経済の活性化は不可欠であり、政労使の地域で連携した運動展開などを、皆さまの知恵をお借りして進めて行きたい。」と挨拶がありました。
 また、来賓として出席した福田市長から「政策・制度要求と提言」など、市政の発展に向けたさまざまなご意見をいただくなど、市民生活の向上や安心・安全な社会の実現にご尽力いただいており、敬意と感謝を申し上げます。新型コロナウイルス感染症により、大きな影響を受けておりますが、全市一丸となって、この難局を乗り越えていきたいと考えておりますので、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。」と挨拶がありました。

川崎労働組合総連合第31回定期大会

川崎労働組合総連合(菅野明議長)の第31回定期大会が、令和2年10月18日(日)にカルッツかわさきで開催されました。大会は、新型コロナウイルス感染症に伴い規模を縮小して開催し、1年間の取組の総括や労働組合を取り巻く情勢について報告があった後、賃金引上げ、労働時間の短縮、各種制度・ルールの周知等の「労働条件・労働環境の改善」や、福祉・医療・介護などの改善と拡充、子育て世代の運動の組織等の「社会保障・平和の取組」、「組織強化・拡大」など、向こう1年間の運動方針等の議案が採択されました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-3653

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp