スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

石綿(アスベスト)にばく露する業務に従事していた労働者の方へ(2021年3月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月1日

コンテンツ番号126614

このページは広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です。

石綿(アスベスト)にばく露する業務に従事していた労働者の方へ

石綿(アスベスト)にさらされる作業に従事していた方については、将来、肺がん(原発性)や中皮腫等の健康被害が生じるおそれがあります。特に中皮腫については、石綿との因果関係が強く指摘されています。また、これらの疾病については、石綿にさらされてから発症までの期間が非常に長く、肺がん(原発性)で15~40年、中皮腫で20~50 年という特徴があります。「石綿にさらされる作業に従事していたのでは?」「作業で石綿製品を取り扱っていたのでは?」と心配されている方は、厚生労働省のホームページで作業の内容や取り扱っていた石綿製品を確認して、相談窓口でご相談されることをお勧めします。

石綿健康被害救済法とは

石綿による健康被害は、仕事により発症したときは労災補償の対象となりますが、それ以外の被害者を迅速に救済するために「石綿健康被害救済法」が制定され、平成18 年3月27 日から施行されました。この法律により、労災補償の対象とならない周辺住民などに対して救済給付が支給されます。(注1)また、労災補償を受けずに亡くなった労働者のご遺族に対して特別遺族給付金(注2)が支給されます。

注1:労災補償の対象とならない方への救済給付の手続きは、独立行政法人環境再生保全機構で行っていますのでご確認ください。(ホームページアドレス http://www.erca.go.jp/asbestos/外部リンク
注2:特別遺族給付金には、特別遺族年金と特別遺族一時金があります。特別遺族年金は原則年額240 万円、特別遺族一時金は1,200万円です。

 

詳細はこちらのホームページをご覧ください。外部リンク

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2271

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp