スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

ペルモビール電動車椅子、F5コルプスVS(スタンディングモデル)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年4月14日

コンテンツ番号127632

F5

認証年度

2020年度

対象者

通常の電動車椅子利用者及びスタンディングする事で、身体的、心理的、社会的な機能訓練になる車椅子利用者

製品概要

F5コルプスVSは、コルプスシリーズとして持つ優れたシーティングシステムをそのまま生かした上で、革新的なスタンディング機能を搭載した電動車椅子です。
座位からスタンディング至るすべての姿勢で走行する事が可能です。
スタンディング姿勢からのバックレスト角度とフットプレート高さの調整が可能な姿勢を提供します。
スタンディングによる健康増進効果や医学的効用が期待されています。
目線を高くしてコミュニケーションができる上、届く範囲を広げる事で社会的及び心理的な恩恵を受けられます。

開発背景

ペルモビールはスエーデン発祥の電動車椅子メーカーです。創業者、ペルユデーンはすべての障害を持った人々が満足の行く生活を送る権利を有するという信念を持っていました。 
”障害を持つすべての人々には彼(彼女)らが必要とするものを、我々が日常生活で使用している機器と同じ技術水準で作られた機器によって、可能な限り保証される権利がある”(原文は英語)が開発及び社の基本理念になっています。

開発の意義

1.優れた意匠性: 見た目にも美しい電動車椅子
2. 先進の技術を投入した製品開発: 創業者の理念の下、現在も最高の先 進技術を投入した製品を提供するべく、製品の開発を継続しています。
3.豊富な電動座位機能
リフトやティルト等の電動座位機能は健康の維持増進や生活の質を高めるために必要です。
4. F5VSは更にスタンディング機能を搭載する事で身体的な効用や社会的なメリットがある製品としました。

創意工夫

ICS(インテリジェント・コントロール・システム)と呼ばれるペルモビール独自の電動座位変換システムは独自のノウハウが詰まったコントローラです。
各機能を掌るアクチュエータの位置情報や動作速度、動作順序を統合的に管理し制御します。 このため、複数のアクチュエータを同時に制御する事で求められるスタンディング機能や前掲ディルにもも違和感の無い動作を実現できます。

メッセージ

障害により座った生活が続くことで内蔵機能や骨密度の低下など、身体へのリスクが高まりますが、スタンディング機能の効用の一つとして、何度でも立つことが可能となり、身体にさまざまな効用をもたらすことが明らかとなっています。又、ペルもビ=-ルの電動車椅子はわずかでも動かせるスペースがあれば、助けを借りることなく、動くことも寝そべる事も出来ます。失われた機能を取り戻すことで、より健康的に、より自立的になり、今よりもっと社会に参加しやすくなります。結果として、社会参加の促進、就労・納税の促進、健康の促進、医療費の削減、介助者の負担軽減が可能になります。

かわさき基準認証総合評価コメント

通常の電動車椅子利用者及びスタンディングする事で、身体的、心理的、社会的な機能訓練になる車椅子利用者が利用する製品として、利用者の状態に合わせた細やかな調整機能を有しており、利用者が快適に日常生活を過ごすことができるとともに、座面昇降機能やスタンディング機能でより自らの生活スタイルに合わせた活動ができたり、コミュニケーション等をとることができることは非常に評価できます。モニター評価においても、「日常的には難しいが、自立促進を高める訓練としては良い」、「体の循環機能によい」、「個々に寄り添える調整ができる製品は重要」、など<理念5 活動能力の活性化>、<理念6 利用しやすさ>等の優れた配慮を評価し、2020年度かわさき基準(KIS)認証福祉製品に認証いたします。

問い合わせ先

ペルモビール株式会社

東京都江東区森下2-7-6

電話:03-6659-9500

HP:https://permobilkk.jp/外部リンク

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局イノベーション推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階

電話:044-200-2334

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28innova@city.kawasaki.jp