スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

令和2年度生産性向上・働き方改革取組事例集を発行しました(2021年5月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年5月1日

コンテンツ番号128210

このページは広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です。
(1年間掲載しているため、セミナーや募集等は終了している場合があります。)

令和2年度生産性向上・働き方改革取組事例集を発行しました!

 川崎市では、市内事業者の生産性向上・働き方改革の取組を推進するべく、その取組に係る経費の一部を助成する補助事業などを実施しています。今般、これらの事業を活用した取組事例を取りまとめた事例集を発行しました。

【事例1】 インブルーム株式会社(サービス業)

「短時間労働可能な細切れ業務を切り出し、ママやアスリートとマッチング」

  • 製造業、施工管理業、介護業等、特に人手不足が深刻で、今後横展開できる可能性が高い業種の企業からニーズをヒアリングし、短時間社員が担うことのできる業務の切り出しを実施
  • 業務の切り出しを実施した企業と短時間労働を希望するママやアスリートとのマッチングを行い、インターンシップを通じて実証、3名の正規雇用を創出

 

【事例2】 QL デンタルメーカー株式会社(製造業)

「歯科技工士を一生続けられる場を作るため、全国に先駆けて在宅ワークを導入」

  • 歯科技工士の新規就業者の減少、高い離職率などの業界イメージを刷新する環境整備の必要性を認識
  • CADデザインを行うだけでも、従来数百万円単位の投資が必要であった歯科技工士の在宅ワーク用セットを7万円台で実現
  • 在宅と社内での時間あたりデザイン本数は変わりなく、生産性も維持

 

その他の取組事例については、特設ウェブサイトに掲載されているパンフレットをご確認ください。
特設ウェブサイト https://kawasaki-seisansei.com/外部リンク

問合せ

川崎市経済労働局労働雇用部
電話 044-200-3212
メール 28roudou@city.kawasaki.jp

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2271

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp