スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

毎年11 月は「過労死等防止啓発月間」です。(2021年11月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年11月1日

コンテンツ番号133736

このページは広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です。

毎年11月は「過労死等防止啓発月間」です。

『過労死をゼロにし、健康で働き続けることのできる社会へ』

過労死等とは?

業務における過重な負荷による脳・心臓疾患や、業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする死亡やこれらの疾患のことです。

長時間労働の削減に向けて、事業主の取り組むべきことは?

労働者の労働時間を正確に把握しましょう。時間外・休日労働協定(36協定)の内容を労働者に周知し、週労働時間が60時間以上の労働者をなくすよう努めましょう。

働き方はどのように見直せばよいですか?

ワーク・ライフ・バランスのとれた働き方ができる職場環境づくりを推進しましょう。使用者と労働者で話し合って計画的な年次有給休暇の取得などに取り組みましょう。

労働者が過労死等の危険を感じた場合に備えて取り組むべき対策は?

労働者が相談に行きやすい環境づくりが必要です。上司・同僚等も労働者の不調の兆候に気づき、産業保険スタッフ等につなぐことができるようにしていくことが重要です。

過労死等とその防止への理解を深めましょう。

国民一人ひとりが自身にも関わることとして過労死とその防止に対する理解を深めて「過労死ゼロ」の社会を実現しましょう。

労働条件相談ほっとライン(電話相談)を活用しましょう。

労働条件等に関することについて無料で相談に応じています。

電話:0120-811-610

平日(月曜から金曜)の受付時間は、17時から22時まで。

土曜、日曜、祝日の受付時間は、9時から21時まで(12月29日から1月3日を除く)。

詳しい情報や相談窓口は、厚生労働省の過労死等防止対策サイト外部リンクをご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2271

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp