スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

労働相談Q&A(2021年12月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年12月1日

コンテンツ番号134380

このページは、広報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です。

 セクシュアルハラスメントをはじめとする職場のハラスメントが問題になり、法改正などもありました。しかしながら、法律だけではうまくいかず、十分な実効性が上がっていない職場も多いようで、相談は後を絶ちません。そこで、関連する相談事例を3例紹介します。

質問

 職場の同僚から交際を迫られ、いくら断ってもしつこく食事に誘われたり、誕生日プレゼントを渡されたりします。それでも一緒に仕事をせざるを得ないこともあり、とても困っています。上司にも相談したのですが、身体接触がなく、食事やプレゼントは職場のコミュニケーションの一環ではないか、とくに仕事に支障がないのではないか、などと言われて、あまり相手にしてくれません。なんとかならないものでしょうか。

回答

 職場のセクシュアルハラスメントには、大きく分けて「対価型」と「環境型」があります。交際を断ってから以前のように仕事を教えてくれないというようなケースが「対価型」で、ご相談のようなケースは「環境型」です。「労働者の意に反する性的な言動により労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなどその労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じること」と定義づけられています。そもそも食事や個人的なプレゼントは仕事と関係のないことですし、就業環境が不快なものとなっているのは間違いないと思います。男女雇用機会均等法で、会社はセクハラ相談体制の整備が義務付けられています。改めて会社の正式な窓口に相談してみてください。

質問

 昨年子どもが生まれて、1年ぶりに職場復帰しました。幸い保育園も見つかり、連れ合いが協力的なこともあって、基本的には以前と同じように働いています。それでも時々早退せざるを得ないことがありました。会社の方は、短時間勤務制度を利用してはどうかというのですが、中途半端な働き方はされたくないという本音が見え隠れします。こういう場合は、法的に禁止されているマタニティハラスメントにならないのでしょうか。

回答

 マタニティハラスメントに限らず、ハラスメントは法的な定義もありますが、被害者がどのように受け止めるかも重要です。短時間勤務制度を利用することを断っているのに、何度もしつこく勧められれば、無理強いですからハラスメントになるでしょう。

質問

 高齢者の介護施設で働いています。やりがいも感じており、精いっぱい努力をしてきました。ところが先日、利用者のご家族から、虐待の疑いをかけられて、とても疲れました。カスタマー・ハラスメントというのもあると聞いたのですが、どうすればよいのでしょうか。

回答

 医療や介護現場での利用者、とくにご家族との「トラブル」については、当事者だけで解決するのは難しく、より深刻になってしまうこともあります。あえて当事者が対応しないことをマニュアル化している事業所も少なくありません。上司に率直に相談してみることをお勧めします。

特定非営利活動法人 神奈川労災職業病センター 相談案内

住所 横浜市鶴見区豊岡町20-9 サンコーポ豊岡505
電話 045-573-4289
ファクス 045-575-1948
メールアドレス info@koshc.org 
ホームページ https://koshc.org/外部リンク

相談日時
月曜から金曜 10時から18時
土曜 10時から12時
(面接希望の場合は要予約。無料。秘密厳守です。)

編集後記

 年末の大掃除の時期を迎えますね。私は少し前からSNSの投稿に刺激され「小掃除術」を日々の生活に取り入れるようになりました。例えば、一日1箇所5分の掃除で蓄積されて困る頑固汚れともおさらば!たった5分・・・。頭ではわかっているのですが、毎日続けることの難しさを痛感します。SNSに投稿されている方々のお家は入居初日なのでは?と思うほど綺麗で衝撃を受けます。ズボラな私はそこまで完璧にできないので、ほんの少し日常を快適に過ごせるよう「汚れを見つけてしまったら~小掃除!」を心がけています。そのおかげで、今年の大掃除は今まで手を付けられなかった細かな場所の掃除ができそうです。隅々まできれいにすると年神様がたくさんの福徳を授けてくださると言われています。年末に向けて、皆さまも日々の小掃除をぜひお試しください♪ そしてよいお年をお迎えください。

一年間かわさき労働情報をご愛読いただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-3653

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp