スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

川崎市補助金活用事例紹介 Vol.1(2022年4月号)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年4月1日

コンテンツ番号138664

川崎市補助金活用事例紹介 Vol.1

このページは会報誌「かわさき労働情報」のインターネット版です

 川崎市では、企業の「働き方改革・生産性向上」や「職場環境改善」に向けた取組に対し、各種支援を実施しております。今年度、本市の補助事業を活用し、取組を実施された企業の事例を紹介します。

株式会社 工苑(製造業)


・業種:製造業
・主たる事業:電気機械器具製造
・代表者:代表取締役 野見山 望
・所在地:高津区久地4丁目26番41号
・従業員:16人

従業員の健康を第一に、安心安全に働ける職場づくりを目指して

人材育成に向 けた取組

  1. 玉掛け技能・クレーン運転講習
    玉掛け・クレーンの運転作業を行う従業員に対し、外部機関での教育訓練を実施。
  2. サーボ制御技術セミナー
    職務に関連した専門的な知識・技能習得のため専門的なセミナーへの参加による教育訓練を実施。
玉掛け作業

玉掛け作業

クレーン作業

クレーン作業

●スキルアップ、業務効率化を達成!

●安全対策の意識・危機意識の向上!

 

 

職場環境改善に向けた取組

  1. 加湿器の導入
    コロナ対策として効果があると知り、作業場の感染防止のため4台導入。
  2. サーキュレーターの導入
    加湿器との相乗効果で感染防止を図るため、作業場に2台導入。
加湿器

加湿器

サーキュレーター

サーキュレーター

●職場環境を整え、感染リスクを削減

●安心・安全に働ける職場に!

 

 

INTERVIEW<代表取締役インタビュー>

従業員は「信頼される会社を作るためのパートナー」
代表取締役 野見山様

 


少人数の職場であるからこそ、従業員を第一に考えた取組を実施しています。今年度に限らず、人材育成に向けた研修や支援、アクリルパネルや消毒液の設置、全従業員へマスクを配布する等の取組を実施してきました。コロナ禍においても、事業を継続させ、安心安全に働ける職場づくりを目指して取組を続けていきます。



問合せ

川崎市経済労働局労働雇用部
電話 044-200-2271
ファクス 044-200-3598
メール 28roudou@city.kawasaki.jp

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局労働雇用部

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル6階

電話:044-200-2271

ファクス:044-200-3598

メールアドレス:28roudou@city.kawasaki.jp