概要

川崎市立川崎病院は地域の基幹病院として、消化器緊急疾患の最後の砦として機能すべく、24時間365日対応可能な《かわさき腹急ホットライン》を開設致しました。最高の医療を迅速に提供することをモットーに、断らない医療の実現を目指して、地域の診療所・病院と連携して診療を行います。

●急性腹症(⾍垂炎・胆嚢炎・消化管穿孔・膵炎・腸閉塞・ヘルニア・⼤動脈瘤破裂など)
●緊急:内視鏡症例(消化管出⾎・胆管炎・胆⽯性膵炎・閉塞性⼤腸癌・S状結腸軸捻転など)
●腫瘍緊急(⾷道癌・胃癌・⼤腸癌・膵癌・胆管癌・肝癌など)、その他

●術創の⼩さな腹腔鏡⼿術の緊急対応
急性腹症に対する腹腔鏡⼿術の有⽤性は数多く近年報告されていますが、⼈的コストの問題から、多くの病院では、緊急⼿術への腹腔鏡導⼊がなかなか進んでいません。⼀⽅で、当院では24時間必要に応じて腹腔鏡⼿術に対応する環境を整えています。患者さんに優しい近隣の病院にない特徴の⼀つです。

●消化器内科と消化器外科の連携
当院の消化器内科・内視鏡科は、⾼度な急性腹症にも対応可能な技術を備えており、消化管出⾎の他、胆管炎に対する内視鏡ドレナージ、⼤腸癌ステント挿⼊、S状結腸軸捻転などの様々な病態にアプローチが可能です。内科と外科の連携により、低侵襲治療への対応を⾏います。

●消化器疾患全般に対応できる専⾨性胃や⼤腸疾患のみならず、⾷道や肝・胆・膵疾患全ての分野において専⾨医が常勤として勤務している専⾨性の⾼い施設です。市の基幹病院として最後の砦となりうる特徴を有しています。

365⽇24時間