スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

れいんぼう川崎・総合評価及び全体の評価講評

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2013年5月21日

コンテンツ番号47094

総合評価

施設の概要・特徴

 障がい者支援施設「れいんぼう川崎」は、田園都市線鷺沼駅からバスで10分程度の自然環境に恵まれた静かなところにあります。平成8年に川崎市が開設し、同年社会福祉法人川崎市社会福祉事業団が施設運営を受託して16年経過しています。施設入所・生活介護利用者の定員が60名、自立訓練20名、短期入所10名、他に在宅リハビリテーションサービス、及び診療所を運営しています。また、重度の障がい者を積極的に受け入れています。平成24年7月現在の入所者は58名で、平均年齢は54.2歳、全員が身体障がい者手帳1、2級を所持し、障害程度区分5、6の利用者が93%を占めています。自立訓練の登録数は46名で平均年齢は49.3歳、一日の平均利用者数は14名です。
 法人は川崎市内に20を超える障害施設や保育園などを経営しているほか、多数のグループホームなどを運営しており、川崎市を代表する福祉サービス事業者の位置づけにあります。すべての利用者が地域社会に置いて、安心して快適な生活を営める福祉社会づくりを目指すことを事業運営の方針に掲げて、利用者一人ひとりの個性を大切にし、充実した社会生活が送れるように支援しています。

全体の評価講評

特によいと思う点

1.医療と福祉が連携し、重度障がい者への一貫したサービス提供に努めています

 重度身体障がい者のための総合相談、在宅支援、入所支援、及びリハビリテーション機能を事業運営の基盤に置いて、入所、在宅を問わず重度身体障がい者センターの機能を果たすことを施設運営の目的にしています。リハビリテーション科の医師が常駐し、毎週内科医が訪問しているほか、6名の看護師が利用者の健康管理を行っています。また、臨床心理士、理学療法士、作業療法士が常駐し、利用者の機能回復の支援に努めています。各専門職が連携し、入所時の相談から、介護、リハビリ、退所、在宅に至る一貫した支援体制を整えています。

2.高次脳機能障がい者の支援に積極的に取り組んでいます

 高次脳機能障がい者に対する支援拠点として活動しています。具体的には、県内の専門機関と連携し、高次脳機能障がい者支援のネットワークづくりを推進しています。また、北部リハビリテーションセンターと共同して高次脳機能障がいのデリバリー研修を開催し、地域の高次脳機能障がいへの理解とニーズの掘り起こしに努めています。平成23年度は26回の事業者向け研修を開催し、受講者は延べ370名に達しました。受講の申し込みは継続して受け付けており、今後障がい者への地域理解が一層深まるものと期待されています。

3.目標管理制度を整備し、施設運営と職員の育成に生かしています

 法人としての目標管理実施要綱を定めています。職員は、年度はじめに各部門の係りやグループごとに事業計画の達成に向けた目標を設定し、目標管理シートに記述します。また、職員ごとに年間の職務の重点目標と達成方法、スケジュール、個人の能力開発目標などを定め、目標管理シートを作成しています。管理者は、毎月開催している係り会議や運営会議で目標管理の達成状況を確認しているほか、年2回職員と面接して目標の達成状況を評価し、助言を行っています。目標管理の組織的な対応が職員のモチベーションの向上につながっています。

さらなる改善が望まれる点

1.施設の老朽化への対応に取り組まれることを期待します

 施設は開設して16年が経ち、老朽化が目立ってきています。電気系統や空調、給排水などの設備の故障も発生しています。重度障がい者や高齢者の割合が増大している状況の中、電気系統や空調など、ライフラインの故障は利用者にとって大きな問題となる可能性があります。川崎市とも連携し、今後、適切な対応を望みます。

2.自治会活動など利用者の当事者活動を支援することで、一層のエンパワーメントの強化につながることを期待します。

 現在利用者の自治会活動が休眠状態です。自治会役員のなり手がいないなどの課題もあるようですが、当事者活動を側面から支援することで、利用者が自らの活動を通して施設サービスへのニーズを表明し、利用者自身のエンパワーメントの強化につながることが望まれます。また、年1回、利用者満足度調査を行い、利用者ニーズの把握に努めていますが、さらに当事者活動の活発化を図ることで、利用者の自己実現にむけての支援の一層の強化につなげることを期待します。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局障害保健福祉部障害者施設指導課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2675

ファクス:044-200-3932

メールアドレス:40sidou@city.kawasaki.jp