スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

事故発生時の対応等

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年6月12日

コンテンツ番号66027

 利用者に対する指定介護サービスの提供により事故が発生した場合は、利用者の生命や身体の保護を最優先に、必要な措置を講じなければなりません。

 また、当該利用者の家族、当該利用者に係る居宅介護支援事業者等に連絡を行うとともに、発生した事故の状況及び事故に際して採った処置について記録する必要があります。

 そのほか、事故の内容によっては、関係市町村への連絡・報告が必要です。

川崎市への事故報告書の提出について

報告が必要な範囲

 介護保険適用サービス及び介護保険サービスと一体的に提供されるサービスの提供中に発生した事故について、本市に報告が必要な範囲は次のとおりです。詳細は事務取扱要領等で御確認ください。

  • サービスの提供による、利用者のけが又は死亡事故の発生
  • 食中毒及び感染症、結核の発生
  • 職員(従業者)の法令違反・不祥事等の発生
  • その他、報告が必要と認められる事故の発生

 上記は、あくまでも「本市への報告が必要な事故の範囲」です。事業所においては、本市への報告が不要なもの(例:けが・外部受診を伴わない転倒等)も含めて、すべての事故を管理・記録してください

事故報告書の様式

 なお、この様式を事業所内での報告に使用することは差し支えありませんが、この様式は、本市への報告が必要な最低限の事項のみとなっています。各事業所において、適宜、再発防止策の検討に必要な項目を追加する等、必要な対応を行ってください。

対象となる事業

 指定介護保険事業はもちろん、有料老人ホームについてもその取扱いは同様です。

 ただし、サービス付き高齢者向け住宅については、まちづくり局の「サービス付き高齢者向け住宅」ホームページ中「経過報告」に基づき、御報告ください。

事故に係る利用者が他の市町村等の被保険者の場合

 当該事故に係る利用者が、他の市町村等の被保険者である場合は、川崎市への報告だけでなく、当該利用者の保険者である市町村等へも報告が必要です。

 報告が必要な事故の範囲や、報告に使用する様式等は、保険者である市町村等へ御確認ください。

介護事故等の関連通知

事故報告書の提出の徹底について

福祉用具による高齢者の事故について

グループホームにおける事故発生時の対応について

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2679

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp