スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

新型コロナワクチン接種の接種順位と対象者について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年5月3日

コンテンツ番号128614

接種順位

重症化リスクの大きさや医療提供体制の確保等を踏まえ、国で決定した接種順位は次のとおりです。

  1. 医療従事者
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳以上になっている昭和32年4月1日以前に生まれた人)
  3. 基礎疾患を有する方、高齢者施設等の従事者
  4. それ以外の方

それ以外の方については、ワクチンの供給量や地域の実情等を踏まえて、順次接種できるようになる予定です。

更新時点での状況のため、今後、変更が生じる可能性があります。

基礎疾患を有する者の範囲について

BMI 30以上の肥満の方と、以下の病気や状態の方で、通院または入院している方になります。

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  11. 染色体異常
  12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群
  14. 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳 を所持している、又は 自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合) や知的障害(療育手帳を所持している場合)

対象者

接種対象は接種日に16歳以上の方です。

原則として、接種日に川崎市に住民登録のある方が対象となります。

ただし、長期入院、長期入所している方など、やむを得ない事情がある場合は、住民票所在地以外でも、ワクチン接種を受けることができます。

更新時点での状況のため、今後、変更が生じる可能性があります。

住民票所在地以外で接種を受けるための手続きが不要な方

  • 入院、入所者
  • 基礎疾患のある方が、主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった方 など

原則、手続きは不要です。住民登録地にお送りする接種券を使用しますので、無くさないようご注意ください。

接種の申込方法については、医療機関や施設にご確認ください。

災害による被害にあわれた方は、予約コールセンターまでお電話ください。

川崎市外にお住まいで、川崎市内の医療機関で接種を希望される方は、市内の医療機関が市の予約サイトを使用して予約を受け付けしている場合、川崎市が発行するIDが必要になりますので、予約コールセンターまでお電話ください。

川崎市に住民票がある方が、川崎市外の医療機関で接種を希望される場合は、その医療機関が所在する自治体にご相談ください。

住民票所在地以外で接種を受けるための手続きが必要な方

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • 単身赴任の方 など
  • 厚生労働省の接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ外部リンク」の住所地外接種届から、申請してください。

    予約は、予約コールセンターまでお電話ください。

     

    このページに対してご意見をお聞かせください

    このページは役に立ちましたか?
    このページは見つけやすかったですか?

    いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

    お問い合わせ先

    川崎市新型コロナウイルスワクチン予約コールセンター
    電話:044-200-1080
    住所:川崎市川崎区宮本町1番地