スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

【妊娠されている方】ワクチン接種に関する情報

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年9月24日

コンテンツ番号132616

このページでは【妊娠されている方】の新型コロナワクチン接種に関する情報をお知らせします。

各詳細情報については、以下のリンク先をご覧ください。

予約に関する情報 接種場所に関する情報 接種券の再発行に関する情報

副反応に関する情報 よくあるご質問 各種相談窓口 

新型コロナワクチンの情報(国や専門学会による情報等)

妊娠中の方へのワクチン接種の促進に向けた取組について

妊娠中の方が、身近な場所で安心して新型コロナワクチン接種を受けられるよう、市内の医療機関と連携して体制を整備します。

妊娠中の方でワクチン接種を希望される方は、かかりつけの医療機関にワクチン接種についてご相談ください。

個別接種実施場所(協力医療機関)での接種について

一部の個別接種場所(協力医療機関)については、予約コールセンター(電話)または予約サイト(インターネット)で受け付けます。また、独自に予約を受け付けている医療機関もあります。

予約コールセンターや予約サイトでは1回目の予約のみをお取りください。
2回目の接種予約は、1回目の接種時に接種場所でお取りいただきます。

個別接種場所(協力医療機関)については、接種場所に関する情報に掲載の個別接種実施場所(協力医療機関)一覧やコロナワクチンナビ外部リンクをご覧ください。

集団接種会場での接種について

予約開始日10月9日午前8時30分~

※この予約受付は、1回も接種を受けていない市民の方が対象となります。

神奈川県が設置する会場でのワクチン接種の実施について

神奈川県の設置する福祉施設等従事者向け接種会場で、妊婦及び同居家族の接種を開始しています。

詳しくは、こちらの神奈川県特設サイトをご覧ください。外部リンク

ワクチン接種に関する情報

新型コロナワクチン接種に関する情報

ワクチン接種による母体や胎児への影響、接種のメリットや注意点などについて、参考となる情報を紹介します。

新型コロナワクチンQ&A

厚生労働省の新型コロナワクチンQ&A外部リンクに掲載されている妊婦さんなどに関する情報です。

Q.私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができますか。

A.妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されている新型コロナワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。妊娠中の時期を問わず接種をおすすめします。

詳しい解説はこちらをご覧ください。外部リンク

Q.妊娠中にワクチンを接種した場合、生まれてくる新生児に免疫はつきますか。

A.妊娠中(特に妊娠後期)にワクチンを接種することで、新生児にも抗体が移行する可能性があると報告されています。

詳しい解説はこちらをご覧ください。外部リンク

Q.ワクチンを接種することで不妊になるというのは本当ですか。

A.ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。ワクチン接種により流産率は上がっておらず、妊娠しにくくなるという根拠も確認されていません。

詳しい解説はこちらをご覧ください。外部リンク

【コラム】不妊になるって本当?妊娠中でも大丈夫?女性のための新型コロナワクチン解説

コラム:不妊になるって本当?妊娠中でも大丈夫?女性のための新型コロナワクチン解説

日本産科婦人科学会 SARS-CoV-2(新型コロナウイルス) 感染対策委員会 委員
日本産婦人科感染症学会 幹事(広報・編集担当)
相澤 志保子 氏

●妊娠を希望している方へ
●月経とmRNAワクチン
●妊娠中のmRNAワクチン接種と新型コロナウイルス感染
●妊娠中のmRNAワクチン接種の影響
●授乳とmRNAワクチン

コラムの内容はこちらからご覧ください外部リンク

■公益社団法人 日本産科婦人科学会

日本産科婦人科学会

妊産婦のみなさまへ-新型コロナウイルスワクチンについて-

●アメリカ疾病対策センター(CDC)は妊婦さんへのワクチン接種を強く推奨する声明を出しています。わが国においても、妊婦さんは時期を問わずワクチンを接種することをお勧めします。

●妊婦が感染する場合の約8割は、夫やパートナーからの感染です。妊婦の夫またはパートナーの方は、ワクチンを接種することをお願いします。

●妊娠中、特に妊娠後期に新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすいとされています。

●感染の多い地域にお住まいの方や、糖尿病、高血圧、気管支喘息などの基礎疾患を合併している方は、ぜひ接種をご検討ください。

●副反応に関し、妊婦さんと一般の人に差はありませんが、発熱した場合には早めに解熱剤を服用するようにしてください。アセトアミノフェンは内服していただいて問題ありませんので頭痛がある場合も内服してください。

●副反応の有無にかかわらず、妊娠の異常(流産、早産、その他)の頻度はワクチンを打たなかった妊婦と同じであると報告されています。

さらに詳しい情報はこちらをご覧ください外部リンク

■こびナビ

こびナビ

新型コロナワクチンの正確な情報を伝えることを目的として集まった、現役医師などによるプロジェクトです。妊婦さんなどに向けた新型コロナワクチンの情報を動画で解説しています。

【こびナビ公式】mRNAワクチンが妊婦さんや胎児に与える影響は?接種するリスクとしないリスク

【こびナビ公式】mRNAワクチンが妊婦さんや胎児に与える影響は?接種するリスクとしないリスク

【こびナビ公式】妊娠中、授乳中のワクチン接種の危険性は?ワクチン接種したら不妊になる?

【こびナビ公式】妊娠中、授乳中のワクチン接種の危険性は?ワクチン接種したら不妊になる?

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市新型コロナウイルスワクチン予約コールセンター
電話:0120-654-478 ※おかけ間違いにご注意ください
ファクス:044-953-6339 ※耳の不自由な方のお問合せ用です
住所:川崎市川崎区宮本町1番地