スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

【新型コロナウイルス感染症】従業員・スタッフが陽性・濃厚接触になった事業者(職場・勤務先)の皆様へ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年3月22日

コンテンツ番号136799

最新のお知らせ

【はじめにお読みください】 
従業員の方が新型コロナ陽性または濃厚接触者になった場合は、以下をご確認の上、適切な対応をお願いいたします。

  1. 新型コロナウィルス感染症(オミクロン株)の症状は、季節性インフルエンザ等の症状と非常に似ています。
    「風邪だから大丈夫」と自己判断で出社などすると、職場でのクラスター感染の発生につながる可能性があります。
    従業員の方で発熱、咳などの症状がある場合には、診療・検査を受けてもらうようにしてください。
  2. 無症状の場合は検査は必須ではありません。
    患者急増期は有症状者の受診、検査を優先しております。

陽性者の療養期間

令和4年2月2日から陽性者と同居する濃厚接触者の待機期間が短縮されました。

濃厚接触者の待機期間

※現在、フローチャート等を準備中です。準備ができ次第公開いたします。

従業員が陽性となった場合にやっていただきたいこと

事業者(職場)が主体となって感染防止対策、濃厚接触者の特定を行ってください。
(1)陽性となった従業員を休業させてください。
陽性となった場合についてはこちらをご確認ください

(2)陽性になった従業員の机など身の回りや、多くの人が触れる場所(ドアノブ等)、共用部分を消毒してください。(濃度70%以上95%以下のアルコールなど)

(3)事業者が濃厚接触者をリストアップし、濃厚接触者に該当する従業員を休業させるなど、新たな感染拡大の予防に努めてください。
濃厚接触者のリストアップ手順(PDF形式,895.48KB)

(4)陽性者、濃厚接触者について適切な対応を行った上で、事業を継続するかどうかについては事業者の判断となります。

(5)陽性になった従業員の方が、療養解除後に社会生活に復帰するにあたり、PCR検査は不要です。

濃厚接触者のリストアップ手順

従業員が濃厚接触者となった場合にやっていただきたいこと

従業員が濃厚接触者となった場合には以下に基づき、感染を拡大させないために適切な対応をお願いします。
(1)濃厚接触者となった従事者を休業させてください。
 
(2)濃厚接触者の待機期間は、感染者と最終接触した日から7日間(8日目解除)ですが、4日目及び5日目の抗原定性検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、5日目から解除が可能です。
詳細は(神奈川県ホームぺージ)濃厚接触者の待期期間外部リンクをご確認ください。

(3)濃厚接触者の待機期間中、症状が出なかった従事者の方は、陰性確認なく社会生活に復帰していただけます。

(4)家族が濃厚接触者となった方等、「濃厚接触者と接触した方」については、自宅待機の要請はありません。
濃厚接触者の健康観察についてはこちらをご確認ください

その他

以下の関連ページもご確認ください。

厚生労働省ホームぺージ新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)外部リンク

川崎市ホームぺージ新型コロナウイルス感染症の検査を希望される場合

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健医療政策部

電話:044-200-2343