スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

桜本保育園

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年8月27日

コンテンツ番号31718

園の概要

施設種別

認可保育所

運営形態

民設民営

運営主体

社会福祉法人青丘社

開設年月日

昭和40年12月1日

所在地

〒210-0833 川崎区桜本1-9-6

最寄り駅

臨港バス「桜本」徒歩5分

地図

※平成24年度から上記地図のピンの場所へ移転しています。

連絡先

電話:044-288-2545
ファクス:044-288-2546

施設概要

構造・規模

鉄筋コンクリート造陸屋根4階建

敷地面積

423.14平方メートル

延床面積

290.24平方メートル

園庭

園写真

園舎

園舎

園庭

園庭

保育室

保育室

運営内容

定員

90人(0歳:6人、1歳:16人、2歳:17人、3歳:17人、4歳:17人、5歳:17人)
※この年齢別定員は児童の入所申請状況等により多少増減しますので御注意ください。

受入年齢

生後6ヶ月~小学校就学時未満

入所要件

開所日・時間

月~土 7:00~18:00 ※ただし、18:00~20:00の延長保育有

給食

完全給食

保育料

職員配置

園長 1人
保育士 18人
栄養士 2人調
理員 1人

保育方針

桜本保育園の第一歩は1969年に在日大韓キリスト教会が母体となり、無認可保育園を開設したことから始まります。「自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ」この聖句のモットーは、保育園の基本理念でもあります。1974年には、社会福祉法人青丘社をおこし、認可保育園となりました。「青丘社」とは、朝鮮半島の別名「青丘」からとり法人の名称としました。この川崎区は在日韓国・朝鮮人の多住地域であり、近年はニューカマーと呼ばれる人々も共に地域社会を形成するようになってきました。このような人々が自らの民族を恥じることなく、いきいきと生き、自立できるような「共に生きる」保育を実践しています。また、開園当初より統合保育を模索し、さまざまな状況の子供たちがお互いを受けとめ合い、助け合いながら日々生活しています。保育者はそんな子供たちや地域に学びながら、多文化の素晴らしさや、仲間と共に生きる保育内容を深めています。

1日の活動

7:00~ 順次登園、健康視診、持ち物整理
8:30~ クラス別保育等
10:00~ 乳児はおやつ
11:30~ 食事の準備、食事、片付け
12:30~ 午睡準備、午睡
15:00~ おやつ
16:00~18:00 健康視診、順次降所、混合又は乳・幼児別保育
18:00~19:00 延長保育(混合保育)

年間行事

4月 入園式・イースター礼拝
5月 親子遠足・父母の日礼拝
6月 花の日礼拝・さつまいも苗植え
7月 年長児お泊り会(2泊3日)
8月 サマーパーティー(保護者の会主催)
9月 おじいさん、おばあさんをお招きする会
10月 運動会
11月 感謝節礼拝・さつまいも収穫(焼きいも大会)
12月  リスマス祝会
1月 もちつき大会
2月 バザーとお楽しみ広場(保護者の会主催)
3月 おわかれ遠足・サッカー交流試合(年長児)・卒園式

通常保育以外の実施事業

  • 一時保育事業(月~金 8:30~17:00 5か月から 断続的利用10人/一時的利用2人)
  • 地域活動事業(保育相談、園庭開放等)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。