スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

ひとり親家庭等医療費助成の対象を広げます

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年12月26日

コンテンツ番号112894

ひとり親家庭等医療費助成の対象を広げます

 川崎市では、ひとり親家庭等の自立を支援するため、令和2年1月から、ひとり親家庭等医療費助成の所得限度額を引き上げます。

 引き上げ後の所得限度額は、次の表のとおりです。

所得限度額表
扶養人数所得限度額収入額(目安)
0人2,440,000円3,725,000円
1人2,820,000円4,200,000円
2人3,200,000円4,675,000円

 従来の児童扶養手当に準拠した所得限度額と比べて、収入額(目安)で55万円程度引き上げています。

 ひとり親家庭等医療費助成の所得制限が緩和されるため、児童扶養手当が所得制限で支給停止になっている場合でも、医療費助成の対象となる場合があります。

 児童扶養手当の現況届を提出された方で、全部支給停止かつ所得が引き上げ後の所得限度額未満の方には申請の御案内をお送りしていますが、児童扶養手当を申請されていない場合や、児童扶養手当の現況届が未提出の場合等で、所得が引き上げ後の所得限度額未満の方は、次の窓口で御申請ください。

申請窓口

各区役所保険年金課国保給付・医療費助成係、各支所区民センター保険年金係

問い合わせ先

こども未来局こども支援部こども家庭課

電話 044-200-2695

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局こども支援部こども家庭課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2695

ファクス:044-200-3638

メールアドレス:45kodoka@city.kawasaki.jp