スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

令和元年台風19号による被災建築物等の建築確認や宅地造成許可等の申請手数料を免除します

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年7月13日

コンテンツ番号115290

 令和元年台風第19号による被災建築物等の復旧のために、建築確認申請や宅地造成の許可等の申請を川崎市に行う場合に、申請手数料を免除します。また、各種申請に伴う証明書の交付手数料等についても免除します。

免除対象

 台風第19号の被災者が自ら建築行為等を行うための申請

免除対象となる申請手数料

  1. 建築確認、中間検査、完了検査に伴う申請手数料
  2. 建築許可、認定、指定に伴う申請手数料
  3. 長期優良住宅認定、低炭素認定に伴う申請手数料
  4. 宅地造成許可に伴う申請手数料
  5. 開発許可に伴う申請手数料
  6. その他、住宅用家屋証明書等の交付に係る手数料

※1については、台風第19号の被害があった「100平方メートル以内の住宅」に対して、申請手数料の免除を行っており、今回、適用範囲(対象用途、規模)を拡大するものです。

免除期間

 令和2年2月25日から令和3年10月12日
 (台風第19号の被災から2年以内に申請を行うもの)

免除の方法

 各種申請の際に次の書類を添付し、窓口に申請してください。

  1. 手数料免除申請書
  2. 罹災証明書の写し

手数料免除に関する取扱要領

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局指導部建築管理課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3018

ファクス:044-200-3089

メールアドレス:50kekan@city.kawasaki.jp