スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

令和3年度 川崎市分譲マンション管理状況ヒアリング調査の実施について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年9月16日

コンテンツ番号120798

令和3年度 川崎市分譲マンション管理状況ヒアリング調査の実施について

 川崎市では、「川崎市分譲マンション管理状況ヒアリング調査」として、建築後ある程度の年数が経過した一定のマンションに対し、マンション管理に係る調査を実施いたします。

調査の目的

 川崎市では分譲マンションは約3,000件、住戸数は約17万戸あり、主要な居住形態のひとつとなっています。また、全国的には、建物の老朽化や、適正に管理がなされないマンションなど、さまざまな課題が顕在化していることから、近年ではマンション管理の適正化が重要課題となっています。

 このことから、本調査は、市が今後、管理組合の主体的な活動を促し、適正管理へと誘導するために必要な支援について検討することを目的として行います。

調査概要

(1)アンケート調査

 アンケート調査は、ヒアリング(聞き取り調査)に先立って、現在のマンションの状況を簡易に把握するために実施します。

 以下の項目について、必要最小限の設問により調査します。 

  1. マンションの管理体制に関する設問
  2. マンションの修繕や管理費、修繕積立金に関する設問
  3. 管理会社、専門家に関する設問

(2)ヒアリング調査

 ヒアリング調査では、アンケート調査の回答に基づき、委託調査員がマンション管理の現状や現状に至った背景、管理運営上の問題点等の聞き取りを実施します。

 ヒアリングは希望の方法(対面、電話、オンライン会議ツール等)により実施します。

 なお、委託調査員には、新型コロナウイルス感染症対策(マスクの着用、定期的な手指の消毒、除菌スプレーの携帯、検温等の健康管理)を徹底し、調査を行います。

 委託調査員は腕章及び調査員証を携帯して調査をします。

 対面形式でのヒアリング調査にご協力いただけます管理組合員様におかれましては、大変恐縮ではございますが、マスクの着用等の感染症対策にご協力いただけますよう、よろしくお願いします。

(3)調査期間

アンケート調査 令和3年9月

ヒアリング調査 令和3年9月~令和3年11月頃(随時)

(4)調査実施機関

株式会社 社会空間研究所

 電話:03-3465-9401

 メール:mansion-chousa@shaku-ken.co.jp

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局住宅政策部住宅整備推進課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2996

ファクス:044-200-3970

メールアドレス:50zyusei@city.kawasaki.jp