スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

夢見ヶ崎動物公園 クラウドファンディングのお知らせ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年9月1日

コンテンツ番号143222

夢見ヶ崎動物公園 クラウドファンディングのお知らせ

【夢見ヶ崎動物公園の動物たちに、より健康・安全な飼育診療を行いたい!】

夢見ヶ崎動物公園はこのたび、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を活用した

ガバメントクラウドファンディングに挑戦することとなりました。

ガバメントクラウドファンディングとは、自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税による寄附金の「使い道」を、より具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感していただいた方から「ふるさと納税」を通じて、寄附金という形で御支援いただく仕組みです。

 

【概要】

夢見ヶ崎動物公園は、市街地にあってシマウマ、レッサーパンダ、キツネザルやペンギンなどの希少動物たちに気軽に会える無料の動物園として親しまれています。

また、川崎市は、野生動物と人間の居住地が近い環境のため野生動物の怪我や病気が多く起きており、当園は年間約100件前後の傷病野生鳥獣の救護・治療リハビリを行っています。

動物園職員はこうした動物たちの飼育・診療を日々行っており、限りある予算のなかで、施設の老朽化などのさまざまな問題を抱えながら、職員一丸となり創意工夫を凝らして業務に取り組んでいますが、今回クラウドファンディングを活用することで、施設・設備等を整備し、希少動物・野生動物のより良い健康維持管理を目指す取組みを行いたいと考えました。

例えば、血液検査機器は動物の体の状態を調べるために欠かせないツールですが、

現在使用しているものは古い機種であり、今後壊れたら修理ができません。

こうした動物用医療機器をアップグレードできれば、動物の負担はより少なく、しかも確実な診療が可能となり、動物の健康維持管理の向上につながります。

また、例えば動物監視用カメラを購入できれば、防犯対策の強化にも繋がり、動物の様子をカメラで観察できることで、日々の健康管理や急な病気等を迅速に発見することにも繋がります。

そのほか、野生動物保護リハビリ用の大きなケージを新たに設置できれば、野生動物の野生復帰率向上に繋がります。

今回のご寄付は、こうした動物の健康管理維持と安全確保のために活用させていただきます。

健康で生き生きとした動物を飼育展示することで来園者の皆様の笑顔につなげていきたい。動物公園に関わるすべての人・動物たちの未来のために、ご協力をお願い致します!

 

【募集期間】

令和4年9月1日(木)から11月29日(火)まで(90日間)

 

【目標金額】

 100万円 目標金額を達成しても期間中は受付いたします。

 

【お申込みページ(ふるさとチョイス)】

 https://www.furusato-tax.jp/gcf/1854外部リンク

 

【その他】

・本プロジェクトでは、お礼の品(返礼品)の提供はありません。

・川崎市民の方も寄附していただくことができます。

・確定申告等を行うことにより、寄附金控除の適用を受けることができます。

 

【プロジェクトや寄付の手順についてのお問い合わせはこちら】

<プロジェクトについて>

建設緑政局緑政部 夢見ヶ崎動物公園

【電話】044-588-4030 

【ファックス】044-588-4043 

【メール】53yumemi@city.kawasaki.jp

<寄附手続きについて>

財政局財政部資金課ふるさと納税担当

【電話】044-200-3592 

【ファックス】044-200-3904 

【メール】23sikin@city.kawasaki.jp

 

【夢見ヶ崎動物公園Facebookページ】

https://www.facebook.com/yumemigasakizoo/外部リンク

レッサーパンダ、マーコール、テンジクネズミ、フンボルトペンギン

クラウドファンディング詳細チラシ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局緑政部夢見ヶ崎動物公園

〒212-0055 川崎市幸区南加瀬1-2-1

電話:044-588-4030

ファクス:044-588-4043

メールアドレス:53yumemi@city.kawasaki.jp