スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

カンボジアの上級大臣兼環境大臣が入江崎水処理センターを視察しました

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年7月15日

コンテンツ番号118611

2013年5月19日、東アジア低炭素成長パートナーシップ対話へ参加するため日本を訪れたカンボジアのモック・マレット上級大臣兼環境大臣 ほか、カンボジア、ベトナム、オーストラリア、ロシアから計4か国7名の方々が、日本の優れた環境技術を視察するため川崎市を訪問しました。 入江崎水処理センターでは下水高度処理施設などを視察し、日本の水処理技術に強い関心を示しました。

カンボジアの大臣視察の写真1

高度処理水を見ながら質問する
モック・マレット カンボジア上級大臣
兼環境大臣

カンボジアの大臣視察の写真2

最終沈でん池からの
放流水を見つめる参加者

カンボジアの大臣視察の写真3

放流水の落差を利用した
小水力発電を視察

カンボジアの大臣視察の写真4

参加者と職員の間で
活発な質疑が行われました

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 上下水道局経営管理部経営企画課

電話:044-200-3739

ファクス:044-200-3982