スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

1.計画・申請 a.消防法 1-2貯蔵・取扱物質

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年5月29日

コンテンツ番号22537

1-2-a-01 危険物の品名指定

用語の説明

 消防法における危険物は「別表の品名欄に掲げる物品で同表に定める区分に応じ同表の欄に掲げる性状を有するもの」と定義されその判断は「その物品が法別表に掲げられている品名に該当するかどうかまた該当する場合はその物品が法別表に掲げられている性状を有するかどうかさらに性状が判らない場合にはその物品が危険物としての性状を有するかどうかの確認をするための政令で定められた試験を行い(危険物判定のための試験)その物品が一定以上の性状を示すかどうか」により決定される。

関係法令

消防法第2条第7項

法別表(下記添付ファイル参照)

危政令第1条

危規則第1条~第1条の4

1-2-a-02 危険物の類別

用語の説明

 危険物はその性状に応じて第1類から第6類に分類している。第1類の性質は酸化性固体、第2類は可燃性固体、第3類は自然発火性物質及び禁水性物質、第4類は引火性液体、第5類は自己反応性物質、第6類は酸化性液体。

関係法令

消防法第2条第7項

法別表

1-2-a-03 指定数量

用語の説明

 消防法では一定数量以上の危険物を貯蔵し又は取扱う場合には一定の技術上の基準に従わなければならずこの基準となる数量を指定数量という。

 指定数量は危険物の危険性を勘案し試験により示された性状に応じて危険性にランクを付けランクごとに危政令で定める数量としている。

関係法令

消防法第9条の4第1項

危政令第1条の11

1-2-a-04 少量危険物

用語の説明

 指定数量の5分の1以上で指定数量未満の危険物をいう。指定数量未満の危険物の貯蔵及び取扱いの技術上の基準は市町村条例で定める。当市においては川崎市火災予防条例及び川崎市火災予防規則に定められている。

関係法令

消防法第9条の4第2項

1-2-a-05 貯蔵・取扱い制限

用語の説明

 指定数量以上の危険物は貯蔵所以外の場所でこれを貯蔵し又は製造所、貯蔵所及び取扱所以外の場所でこれを取扱ってはならない。ただし仮貯蔵等が承認されればこの限りではない。

関係法令

消防法第10条

1-2-a-06 高引火点危険物

用語の説明

 引火点が100℃以上の第4類の危険物をいう。

関係法令

危政令第9条第2項

危規則第13条の6

1-2-a-07 指定可燃物

用語の説明

 綿花、わら製品、木毛、かんなくず及び再生資源燃料(RDF{可燃ごみを破砕・選別・乾燥・成形した固形燃料}、RPF{古紙及び廃プラスチック類を主原料とした高品位の固形燃料})等の物品で火災が発生した場合にその拡大が速やかであり又は消火の活動が著しく困難となるものをいい政令で定める別表の品名欄に掲げる物品で表の数量欄に定める数量以上のものをいう。

関係法令

消防法第9条の4第2項

危政令第1条の12

1-2-a-08 指定過酸化物

用語の説明

 第5類の危険物のうち有機過酸化物又はこれを含有するもので第1種自己反応性物質の性状を有するものをいう。

関係法令

危政令第10条第6項

危規則第16条の3

1-2-a-09 可燃性蒸気

用語の説明

 引火性液体等から発生する蒸気でこれが滞留する恐れのある建築物には屋外に排出する換気設備が必要となる。

関係法令

危政令第9条第1項第10号、11号

1-2-a-10 危険物判定のための試験

用語の説明

 危険物であるか否かを判定するため(危険物の品名指定)の試験。物質の形状や潜在的な危険性を想定し燃焼試験、落球式打撃感度試験、大量燃焼試験、鉄管試験、小ガス炎着火試験、引火点測定試験、自然発火性試験、水との反応性試験熱分析試験、圧力容器試験が行われる。

 上記で試験条件を一定の許容範囲のもとで実施しているのが確認試験である。

関係法令

消防法別表備考

危政令第1条の3~第1条の8

1-2-a-11 燃焼試験

用語の説明

 危険物判定のための試験で酸化力の潜在的な危険性を判断するための試験。

 標準物質と木粉の燃焼時間と試験物品と木粉の混合物の燃焼時間を比較して判定する。

関係法令

危政令第1条の3

1-2-a-12 消防活動阻害物質

用語の説明

 圧縮アセチレンガス、無水硫酸等の物品で水又は熱を加えることにより有毒ガスを発生する等消防活動を行ううえで重大な支障をもたらすものをいい、法で定める届出が必要なもので一定数量以上の圧縮アセチレンガス無水硫酸など政令で定められている(別表の品名欄に掲げる物品で表の数量欄に定める数量以上の)ものをいう。

関係法令

法第9条の2、第9条の3

危政令第1条の10

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 消防局予防部危険物課

〒210-8565 川崎市川崎区南町20-7

電話:044-223-2735

ファクス:044-223-2795

メールアドレス:84kiken@city.kawasaki.jp