スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

あつ祭 学びと出会いの詰め合わせ「川崎の”市民館”を考える」フォーラムを開催しました。

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年9月30日

コンテンツ番号119393


あつ祭 学びと出会いの詰め合わせ「川崎の”市民館”を考える」フォーラムを開催しました。


令和2(2020)年8月23日(日)、高津市民館のホールで あつ祭 「川崎の“市民館” を考える」フォーラムを開催しました。

来場者は32名、オンラインでのご参加は20名で、合計52名の方にご参加いただき、現在作業を進めている「今後の市民館・図書館のあり方」の策定に向けて、貴重なご意見やアイデアをいただきました。

当日の様子と意見交換や参加者アンケートでいただいた内容の一部を、簡単に開催報告としてまとめました。画像をクリックしていただくか下記よりダウンロードしてご覧ください。

開催報告

第1部


プログラムは2部構成で、第1部はZoom というオンライン会議システムを使用して、Youtube 生配信も行いながら、インスピレーショントークとトークセッションをしました。

〇インスピレーショントーク1
「常識のカバーをはずそう 〜札幌図書・情報館に見る公共施設の方向性〜」
初代 札幌市図書・情報館長 
現 札幌市中央図書関利用サービス課長
淺野 隆夫氏  
〇インスピレーショントーク2
埼玉大学教育学部教授(社会教育学、環境教育学)
安藤 聡彦氏  
〇トークセッション

第2部

 


第2部はワールドカフェで意見交換をして、市民館のあり方についてご意見やアイデアを沢山いただきました!

〇ワールドカフェ
1ラウンド15分~20分程度で3回グループを変えて意見交換をしました。
オンラインではZoomのブレイクアウトルームでグループに分かれて意見交換をしました。
〇発表
〇まとめ

感想・アイデア・意見


当日いただいたアイデア・ご意見のまとめとアンケート結果の一部をご紹介します。画像をクリックしてください。

〇今日の感想
〇身近な学びの場ってどんな場所?
〇どんな市民館だったら行ってみたい?

開催報告PDFデータ

あつ祭 学びと出会いの詰め合わせ「川崎の”市民館”を考える」フォーラム開催報告

当日のYouTube動画をアーカイブ公開中

フォーラム第1部の当日YouTube動画については「石塚計画デザイン事務所ONLINE Channel」でアーカイブを公開しています。

ページは次のリンクもしくはこちらを外部リンククリックしてご覧ください。

当日YouTube動画アーカイブ公開ページ外部リンク

関連ページ

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部生涯学習推進課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3304

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88syogai@city.kawasaki.jp