スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

土木職 R3.3.1

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月1日

コンテンツ番号82733

 主に、建設緑政局、区役所道路公園センター、上下水道局、港湾局、まちづくり局等で、道路、橋梁、河川、上下水道、港湾などの土木工事の計画、設計積算、施工管理、測量や、都市計画・都市交通計画の策定、拠点地区整備事業の実施、開発行為の審査指導など、土木の専門業務に従事します。

職員へのインタビュー


建設緑政局
道路河川整備部
道路施設課
平成27年入庁

川崎市を志望したきっかけ・理由

 川崎市は人口増加率が高く、これからますます発展していくと思い、土木技術者として活気あふれるまちづくりに携わりたいと思い志望しました。また、大学OBの先輩からの話を聞き、大小さまざまな規模の事業に携われることにも魅力を感じました。

今の部署での仕事内容について


 道路インフラについては、新しく造ることが注目されがちですが、造って終わりではなくその後の管理も非常に重要です。管理する施設数は年々増加していきますが、道路施設課では「川崎市道路維持修繕計画」を策定し、擁壁やトンネル等の道路施設を計画的に点検修繕し適切な管理に努めています。施設の劣化によって道路交通へ影響を及ぼすことが無いよう、施設点検にて出た判定結果に基づき、適切な時期に補修を実施できるよう工事発注部署である道路公園センターと調整をしています。限られた予算の中で、数多くの施設を適切に維持管理していくことは大変ですが、その分やりがいを感じます。

一日のスケジュール


職場の雰囲気について

 土木職をはじめ、一般事務職、機械職、電気職といった多職種の職員が在籍しておりますが、職種を問わず職員同士の仲が良く、非常に働きやすい環境です。仕事で分からないことがあっても、先輩や上司はもちろん、他の係にも相談しやすい雰囲気のため、業務を円滑に進めることができます。

終業後や休日の過ごし方

 (現在はコロナ禍でなかなか行けていませんが)終業後は、職場の先輩や同期と飲みに行ったり、野球やバスケットなどスポーツ観戦に行ったりしています。休日は家族で買い物や旅行に行ったり、同期入庁の仲間と遊んだりしています。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 人口150万人を超える大都市・川崎では、携われる事業の規模も大きく幅広いため、土木技術者として非常に働き甲斐があります。皆さんと一緒に働けることを心待ちにしています!

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp