スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

消防士 R3.3.1

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月1日

コンテンツ番号82760

 主に、消防局、各消防署等で、火災・救急・救助等の現場活動、航空隊業務、消防施策の企画、調整、消防指令システム・通信施設の管理・運用、火災等の予防指導、防火対象物等の査察、危険物規制などの消防業務に従事します。

職員へのインタビュー


消防局
麻生消防署
警防第1課
平成31年入庁

川崎市を志望したきっかけ・理由

 幼い頃から消防という職業に憧れを抱いており、大学在学中に消防の道に進むことを決めました。特に川崎市の南部、中部、北部それぞれが持つさまざまな地域性に強く惹かれました。私は川崎市職員の一員として、多種多様な災害から市民の命を守る消防隊員として働きたいと思い、川崎市を志望しました。

今の部署での仕事内容について


 私は麻生消防署の警防課で勤務し、24時間災害対応を行っています。災害がないときには、災害時に使用する資機材の手入れや消火栓等の調査をしたり、実際の火災を想定した消火訓練を行ったりしています。同僚とは24時間生活を共にするため、「同じ釜の飯を食う」の例えどおり、日々のコミュニケーションにより家族のような関係性を築いています。そのため、災害が発生した際には、消防職員が一丸となって、市民の生命、身体、財産を守るという一つの目的に向かって活動でき、それが達成できた際に大きなやりがいを感じることができます。 

一日のスケジュール


職場の雰囲気について

 私が所属している警防第1課は71名が在籍しており、交代制で47名が当直勤務しています。私はその中でも一番後輩で分からないことも多いですが、先輩方は分かりやすく教えてくださり、私が間違えたことをすれば的確に、時に厳しく指導してもらっています。本当の優しさが溢れている職場です。

終業後や休日の過ごし方

 (新型コロナ流行前について、)夜勤明けの日は、近所のジムへ行って体力錬成を行っていました。休日は学生時代の友達や職場の同期たちと食事に行ったり、ショッピングに行ったりしてリフレッシュするようにしていました。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 川崎市を守りたいという熱い想いを持った皆さん、川崎市消防局でお待ちしています。皆さんと働けるのを楽しみにしいてます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp