スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

保健師 R3.3.1

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月1日

コンテンツ番号83084

 主に、区役所地域みまもり支援センター等で、担当地区における健康な地域づくりに向けた活動の支援や、母子・高齢者・障害者等の保健福祉に関する相談支援、感染症対策など、保健師の専門業務に従事します。

職員へのインタビュー


川崎区役所
大師地区健康福祉ステーション
令和2年入庁

川崎市を志望したきっかけ・理由

 大学で看護や公衆衛生の勉強をしていくうちに保健師という仕事に興味をもち、将来は児童虐待の分野で子どもたちのために保健師として関わりたい気持ちが始まりでした。私が川崎市を志望した理由は、自分の育ってきた地元でもあり、各区で特徴も違うためどこに行っても新鮮さや楽しさ、やりがいを感じることができるのではないかと思ったからです。

今の部署での仕事内容について


 母子保健業務では妊婦さんから就学前までの子どもたちを対象に支援しています。課題を抱えている御家庭には家庭訪問や面接、電話連絡などを通し助言したり、必要時他機関と連携しながらその御家庭にとって良い方向になるよう継続的に課題解決に取組んでいます。対象の方に寄り添う立場として信頼関係を築いていくことが難しい場合もありますが、少しずつでも良い方向に向かっていく姿を見れた時に喜びを感じます。また、地域住民の方と協力し、地域課題の解決に向けた取組みも行っています。課題解決の糸口を見つけたり、具体策を実行出来た時にやりがいを感じることが出来ます。

一日のスケジュール


職場の雰囲気について

 今の職場は保健師と社会福祉職、教育相談員、女性相談員が一緒に働いています。困ったことがあったり、一人では難しい業務も職員同士で一緒に考え、良い方向になるようさまざまな視点から考えられる手助けをしてくれます。いつでも相談しやすい環境で職員同士の距離も近く、とても風通しの良い職場です。

終業後や休日の過ごし方

 終業後は保健師の同期や他部署の同期と一緒にご飯を食べたり、体を動かすことが好きなのでジムやヨガに行ったりと自分の時間を持つことが出来ます。また、長期休暇や有給休暇は趣味のダイビングをしに沖縄などの離島に行っています。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 川崎市は各区に特徴があり、保健師として皆さんの力を精一杯活用できる職場だと思います。皆さんと働ける日を楽しみにしています!!

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp