スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

臨床検査技師 R3.3.1

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月1日

コンテンツ番号84686

 主に、市立病院、健康福祉局等で、検体検査・生理機能検査業務、感染症の検査・研究など、臨床検査技師の専門業務に従事します。


病院局
市立井田病院
検査科
平成28年入庁

職員へのインタビュー

川崎市を志望したきっかけ・理由

 川崎市には2つの公立病院と健康安全研究所、保健所があり、幅広い経験ができると共に、最先端の検査にも携わることができると思ったことが、志望動機でした。また、川崎市内の高校出身であることから親しみを感じ、将来職場近くに住むとしても、横浜・川崎エリアは住みやすいという点も、志望理由の一つです。

今の部署での仕事内容について


 生理検査室で、心電図、超音波(心臓、血管、乳腺)、脳波など多岐にわたる検査を担当しています。医療は日々進歩し、診断基準や計測方法が更新されていきます。そのため、学会や勉強会に参加し、認定資格を取得してスキルアップを図り、それを活かすことで医療に貢献できることに大きなやりがいを感じます。すべての患者さんに親身に接し、日々の検査を大切に行っています。検査中、患者さんから「この病院のスタッフはみんな優しくて、いつも安心するわ」との温かい言葉をいただいたり、重症だった患者さんが回復していく姿を見るのは、とても励みになっています。

一日のスケジュール


職場の雰囲気について

 2人の病理医を含めて正職員22人、臨時職員12人、男女比3:7の職場です。検体、生理、細菌、病理の4部署に分かれているため、担当部署が異なる職員とは仕事での関わりは少ないですが、休憩や終業後に楽しく会話するなど、とても仲のいい職場です。

終業後や休日の過ごし方

 基本は土日祝日休みなので、友人と遊んだり趣味の楽器演奏をして過ごしています。休日勤務の代休で平日が休みになるときは、予約が取りにくいお店に行けることも楽しみの一つです。

川崎市を目指す方へのメッセージ

 川崎市の公立病院は、川崎病院の3次救急や、井田病院の緩和ケアや結核病棟などに特色があります。また研究分野では最先端の研究を行っており、幅広い経験ができます。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 人事委員会事務局 任用課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3343

ファクス:044-222-6449

メールアドレス:94ninyo@city.kawasaki.jp