スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

市民自主企画事業『何歳(いくつ)になっても子は宝物』受講者募集

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年10月13日

コンテンツ番号120381

市民自主企画事業『何歳(いくつ)になっても子は宝物』

さまざまな理由で生きづらさをかかえ、困って立ち止まっている子どもやおとながいます。それらの問題を年代別に分けて背景を探り、解決に向けてひも解く学びをしていきます。
定員300名の大きなお部屋を50名でゆったりと使用します。

日時

10月18日(日)、11月14日(土)、12月6日(日)
14時~16時、全3回

※各講座は1つからでも参加できます。希望する回の講座をお申込みください。

会場

麻生市民館大会議室

対象・定員

関心のある方 50名【先着順】

参加費

無料

申込み

9月15日火曜日10時から、来館または電話、ホームページでお申込みください。

ホームページからの申込み

ホームページからの申込みは、こちらのリンクからお申込みください

講座内容
月日講師テーマ
110月18日(日)広木 克行さん
(神戸大学名誉教授<臨床教育学>)
子どもたちの姿から子育てと教育の現状をとらえ直す
211月14日(土)古茶 大樹さん
(聖マリアンナ医科大学病院教授<神経精神科>)
ひきこもりと精神障害
312月6日(日)丸山 康彦さん
(ヒューマンスタジオ代表)
「中高大の不登校」~思春期・青年期の模索~

主催

子育て支援の会 プレシャス、川崎市教育委員会

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市麻生市民館
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1丁目5番2号
電話:044-951-1300
ファクス:044-951-1650
メールアドレス:88asaosi@city.kawasaki.jp