スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

オンライン「赤ちゃん学」連続講座

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年11月21日

コンテンツ番号122274

赤ちゃん学とは、  医療、工学、心理学、社会学など、多面的な視点から赤ちゃんを研究する学問の名前です。 

玉川大学の脳科学研究所に所属し、第一線で活躍する講師による講座を、区民の方を対象に開催します。知っていると子育てが楽しくなる、そんな情報が手に入るかも。皆様のご参加をお待ちしています 。

  • 各回とも「無料」でご参加いただけます
  • 希望回のみ参加の場合も、お申込みできます
  • Zoomによるオンライン講座です

第1回

令和5年1月27日(金)午前10時~午前11時30分

岡田浩之教授 「赤ちゃん学って何?ここまでわかった赤ちゃんの不思議 」

赤ちゃんは、学習の天才と言われてます。「自分」と「他人」をいつから区別しているのか?
どうやって言葉を覚えるのか?赤ちゃんにできて、ロボットにはできないことって何?
赤ちゃんを知れば、育児・保育・教育がもっと楽しくなります。赤ちゃん学の世界を通して、赤ちゃんの知られざる能力を紹介します。

第2回

令和5年2月13日(月)午前10時~午前11時30分

佐藤由紀教授「赤ちゃんの周囲にあること―落としてのばしてさわって触れて」

赤ちゃんが育つ場所には大人たちが「用意したもの」に溢れています。
しかし赤ちゃんは「用意したもの」を大人たちの意図通りに扱わず、投げたり、破いたり、塗りつけたりします。
しかし大人たちが頭を抱えてしまうこういった「行為」は、実は大事な知覚の訓練なのです。
赤ちゃんがおこなう不思議な行為の意味を、アフォーダンスという心理学の観点からお話しします。

第3回

令和5年2月21日(火)午前10時~午前11時30分

梶川祥世教授「赤ちゃんと子どものことば」

赤ちゃんや子どもは、どのようにして周りの人の話すことばを理解し、自分の表現を持つようになるのでしょうか。
赤ちゃん自身の成長する力と周りの人々とのかかわり、そして言語環境によって、豊かなことばの世界が育まれていく仕組みについての発達研究をご紹介します。

対象・定員

乳幼児の保護者・妊娠中の方及びそのパートナーなど興味のある方

Zoom参加 50名
(Zoomの環境はご自身でご用意いただきます)

※申込多数の場合は、麻生区内在住の方優先の上抽選となります。

Zoom参加の注意事項

  • Zoomを使った講座となるため、各ご家庭でPC又はスマートフォンにてZoomの利用登録をお願いします。
  • 参加者が利用する端末の通信料金は参加者の負担となります。
  • ネットワーク環境によって音声や画像が乱れる可能性がございます。
  • 本講座の録音・録画及び、資料の転載等は不可となります。

申込方法

申込フォームよりお申込みください。

他の方法でのお申し込みをご希望の方は、問合せ先へご相談ください。

締切日

令和5年1月19日(木)午後5時

申込結果は締切日から5日以内にお知らせいたします。

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 麻生区役所地域みまもり支援センター(福祉事務所・保健所支所)地域ケア推進課

〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1-5-1

電話:044-965-5303

ファクス:044-965-5169

メールアドレス:73keasui@city.kawasaki.jp