スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

【受講者を募集します!】戦争体験から学ぶ“私たち”の生き方

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年9月1日

コンテンツ番号130360

DSTを用いて戦争を経験した方々のヒストリー映像を見聞きし、戦争と平和について改めて考えてみませんか。

戦争体験を経てたくましく生きてきた方々のお話からパワーをもらって、一緒に元気になりましょう!

DST(Digital Story Telling)とは、自己表現映像の手法のことです。ひとりひとりの人生、経験、思いなどを、画像とともに自分の言葉で表現しています。今回は4人の方のDSTを見聞きし、ご本人から直接お話を聞きます。なお、第2回と第3回の後半(女子通信隊について)は、ご本人に代わって語り手の方々がお話をします。

(新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、内容や日程の変更または中止となる場合がございます。ご了承ください。)

日時

  • 第1回 9月30日 木曜日
  • 第2回 10月7日 木曜日
  • 第3回 10月14日 木曜日

  各回午前10時から正午まで 全3回の連続講座です

会場

教育文化会館 4階 第1・2学習室

内容(敬称略)

第1回 9月30日 

内容:中国残留孤児として

講師:猿田 勝久(本人)

第2回 10月7日

内容:広島での被爆体験について

講師:菅田 紗央里(語り手)

第3回 10月14日

内容:戦争を経て今を生きる

    女子通信隊として

講師:津野田 京子(本人)

    須摩 修一(語り手)

対象・定員

関心のある方 20人【先着順】

費用

受講料は無料です

申し込み

9月1日 水曜日 午前10時から電話または区ホームページにて受付【先着順】

教育文化会館 電話 044-233-6361

ホームページからのお申し込みは次のURLをクリックして必要事項を入力してください。(ホームページは9月1日午前10時から入力できます)

https://sc.city.kawasaki.jp/multiform/multiform.php?form_id=6339

申し込みフォームシステムの仕様により、定員を超えても受付できるため、ご希望に添えないことがあります。その場合は後日教育文化会館からご連絡いたします。

主催・実施機関

主催:川崎市教育委員会

実施機関:教育文化会館(川崎区役所生涯学習支援課)

協力:世研話

戦争体験から学ぶ“私たち”の生き方

教育文化会館案内図

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部生涯学習支援課

〒210-0011 川崎市川崎区富士見2-1-3 教育文化会館内

電話:044-233-6361

ファクス:044-244-2347

メールアドレス:88kyobun@city.kawasaki.jp