スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

基準・計算方法

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年4月1日

コンテンツ番号84766

建築物省エネ法の基準

制度や建築物の用途等によって基準が異なります。

建築物省エネ法の基準
エネルギー消費性能基準
(適合性判定、届出、基準適合認定)
誘導基準
(性能向上計画認定)
建築物省エネ法施行(H28.4.1)後に新築された建築物建築物省エネ法施行の際に現に存する建築物建築物省エネ法施行(H28.4.1)後に新築された建築物建築物省エネ法施行の際に現に存する建築物
非住宅一次エネルギー基準※1
(BEI)
1.01.10.81.0
外皮基準
(PAL
1.0
住宅一次エネルギー基準※1※2
(BEI)
1.01.10.91.0

外皮基準
(UA、ηAC)       (6地域)

住戸単位

UA:0.87       ηAC:2.8

 

全住戸平均

UA:0.75       ηAC:1.4

住戸単位

UA:0.87       ηAC:2.8

 

全住戸平均

UA:0.75       ηAC:1.4

※1 一次エネ基準については、「設計一次エネルギー消費量(家電・OA機器等を除く)」/「基準一次エネルギー消費量(家電・OA機器等を除く)」が表中の値以下になること。
※2 住宅の一次エネ基準については、住棟全体(全住戸+共用部の合計)又は住宅部分全体が表中の値以下になること。

詳細については国土交通省のホームページで省令・告示等をご確認ください。

計算方法

建築物の用途等によって評価方法が異なります。

詳細については、国立研究開発法人建築研究所のウェブサイトを御覧ください。

関連ウェブサイト

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 まちづくり局指導部建築管理課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-3026

ファクス:044-200-3089

メールアドレス:50kekan@city.kawasaki.jp