スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

選挙クイズ

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年2月1日

コンテンツ番号112671

選挙クイズの応募を締め切りました

多くの応募をいただき、ありがとうございました。1月30日をもって応募を締め切りました。

正解者の中から抽選で20人にオリジナル図書カード(500円分)をプレゼントいたします。当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

問題

日本で初めて国政選挙が行われたのはいつでしょうか?

1 1192年

2 1560年

3 1890年

4 1964年

正解

(3)1890年

解説

 日本で初めて行われた国政選挙は、1890年の第1回衆議院議員総選挙です。このときの選挙権は、満25歳以上の男性で直接国税を15円以上納める者に限られていました。そして当時の選挙に参加することのできた人口は、全人口のわずか約1.1%に過ぎませんでした。

 その後、選挙権の拡大を求める声の高まりによって、1925年に満25歳以上のすべての男子、そして1945年になってやっと、満20歳以上のすべての男女に選挙権が拡大されました。現在は、2015年に行われた法改正で、18歳以上のすべての男女に選挙権年齢が引下げられています。

 現在の日本では、18歳以上になれば選挙に参加できることが当たり前のことのように感じられますが、ここに至るまでには、多くの国民を巻き込んで行われた選挙権拡大のための運動があったことを忘れてほしくはありません。

 今回のクイズを機に、政治に参加したくても参加することのできなかった時代の人々が闘い得た一票の価値を感じてもらい、大切にしていただきたいと願っています。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 宮前区役所まちづくり推進部総務課 宮前区選挙管理委員会事務室

〒216-8570 川崎市宮前区宮前平2丁目20番地5

電話:044-856-3126

ファクス:044-856-3119

メールアドレス:69soumu@city.kawasaki.jp