スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

23年度実施事業

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2012年12月11日

コンテンツ番号25536

実施事業の紹介

(1)健康維持増進事業

提案者

ヘルスパートナーさいわい

テーマ

地域における高齢者等の健康づくり

事業の概要

  • 「日本一だよ幸区」体操バージョン、介護予防かわさき体操、好きですかわさき愛の街体操等の実施により、高齢者の健康増進を図る。
  • 指導者としての研修(安全に運動する注意点についての学習会、対象に合わせた体操の実技指導等)を行う。
  • 高齢者向けの体操会を開催する。

(2)小倉わんぱく広場で自然とふれあおう

提案者

小倉わんぱく広場管理グループ

テーマ

地域コミュニティの活性化

事業の概要

  • 広場の管理作業に広く区民の参加を呼びかけ、自然との共生により多くの子どもたちに豊かな感性を育むとともに、公園づくりを通した、世代を超えた交流の場を実現する。
  • 公園デザインについて学ぶとともに、より多くの地域住民に管理活動への理解を深める講座を開催する。
  • 広く区民の参加を呼びかけ、新しい公園づくりを区民とともに模索する。自由参加とするなど気軽に来場できるよう工夫するとともに、講座で学んだことを生かした公園づくりを進める。
  • 自然体験や伝統行事を伝える活動を行う。高齢者の知恵を伝えるなど異世代交流の場を提供する。

(3)クラウンの優しい気持ちの伝え方を知ってみよう

提案者

ハッピークラウン

テーマ

地域コミュニティの活性化

事業の概要

  • 思いやりの気持ちや嬉しかったことなど、心のキャッチボールの方法をクラウンを通して理解してもらうとともに、習得した成果を子育て、福祉関係団体、施設において活用してもらう。
  • 全3回の講座を行う。

(4)幸区の「しあわせ」発信事業

提案者

ハッピーサークル

テーマ

地域コミュニティの活性化

事業の概要

  • 区名にちなみ「しあわせ」商品を企画開発して区のイメージアップを図るとともに、これら商品に加えてペットボトル回収や川崎フロンターレとの連携等のさまざまな機会により、商店街が交流拠点として機能することによる地域の活性化を図るとともに、新たな地域コミュニティの構築を目指す。
  • 「しあわせ」商品の企画開発による区のイメージアップを行う。
  • ペットボトルキャップ回収の実施とPRにより、回収を通したコミュニティの醸成と分別意識の高揚を図る。
  • しあわせ商品のPRの場として、しあわせ祭りを開催する。
  • 川崎フロンターレと連携した地域活性化を行う。
  • チラシ、ホームページ、のぼり等を用いた、活動のPRを行う。

(5)グラウンド・ゴルフ大会「フロンターレ幸カップ」

提案者

川崎フロンターレ

テーマ

地域コミュニティの活性化

事業の概要

  • 区内で人気の高いスポーツ「グラウンド・ゴルフ」を川崎フロンターレのブランド力により幅広い世代に浸透させることにより、健康づくりと世代を超えたコミュニティの構築・活性化を図る。また、親子で参加する団体戦も行い、スポーツを通じた家族単位、家族同士でのコミュニティの場も提供する。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 幸区役所まちづくり推進部企画課

〒212-8570 川崎市幸区戸手本町1丁目11番地1

電話:044-556-6612

ファクス:044-555-3130

メールアドレス:63kikaku@city.kawasaki.jp