スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

(目や耳の不自由な方への)さいわいハナミズキコンサート (5)三部恵梨・栗原里美 テキスト情報

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月3日

コンテンツ番号126679

タイトル

≪第14回幸区民音楽祭 さいわいハナミズキコンサート≫

令和3年2月13日(土)

ミューザ川崎シンフォニーホール

 

出演者紹介

 張林(揚琴)

 廣田裕佳&冨貴塚理恵(マリンバ)

 川崎市立御幸中学校吹奏楽部

 Stress Free 矢島絵理子(フルート)・小林秀吏(ハープ)

 三部恵梨(ソプラノ)・栗原里美(ピアノ)

 赤松美紀(ピアノ)・伊藤万桜(ヴァイオリン)

 

プログラム

司会者 天野あやこ

 

●張林(揚琴)

 春到清江     

 さくらさくら

 節日の天山

●廣田裕佳&冨貴塚理恵(マリンバ)

 お祭りマンボ

 川の流れのように

 ラデツキー行進曲

 メープル・リーフ・ラグ

●川崎市立御幸中学校吹奏楽部

 曲目「ルパン三世のテーマ’78」

さくらのうた

宝島

●Stress Free 矢島絵理子(フルート)・小林秀吏(ハープ)

 トリスケル

 ダニーボーイ

 ユメサクラ咲くころに

●三部恵梨(ソプラノ)・栗原里美(ピアノ)

 オペラ「リナルド」より ~わたしを泣かせてください~

 アヴェ・マリア

 オペラ「シャモニーのリンダ」より ~私の心の光~

●赤松美紀(ピアノ)・伊藤万桜(ヴァイオリン)

 「四季」より『春』

ツィゴイネルワイゼン 作品20

 

●ごあいさつ「さいわいハナミズキコンサート」によせて

幸区民音楽祭「さいわいハナミズキコンサート」をご視聴いただきありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、大切な人と笑い合ったり、語り合うことができなくなり、今まで感じていた「当たり前の幸せ」が当たり前でなくなってしまいました。

今年で14回目を迎えるこのコンサートも感染拡大防止のため、他の多くのイベントと同様、中止せざるを得ないのではないかと運営委員の皆様と協議をしてまいりました。

そうした中、コロナ禍で苦しい今だからこそ、音楽の持つ力が気持ちを伝え、人々をつなぎ、音楽の持つエネルギーが生きる勇気を与えられるのではないかということで、今回初めてインターネットよりコンサートを配信することといたしました。この映像は、令和3年2月13日(土)に幸区にある世界的に音響が認められているミューザ川崎シンフォニーホールで収録したものです。

コロナ禍で不安な日々をお過ごしの方も多いと存じますが、さまざまなジャンルの出演者による素晴らしい演奏をお聴きいただき、癒しのひと時をお過ごしいただければ幸いです。

最後に開催にあたりまして、ご協力いただいた運営委員はじめ関係者の皆様に心より感謝を申し上げたいと存じます。

 

●さいわいハナミズキコンサート運営委員会

さいわいハナミズキコンサートの企画や広報物の作成、コンサートの運営を行う委員会です。

メンバーは、神谷美和(委員長)、田中基博(副委員長)、小林瑤子、小谷野啓明、山口伸一の5名です。

 

司会者

続いては、三部恵梨(さんべえり)・栗原里美(くりはらさとみ)による声楽とピアノの演奏です。

洗足学園音楽大学同期のお二人のモットーは、「上質な音楽をもっと気軽に」。

声楽の三部恵梨(さんべえり)さんは、在学中に特別奨学金を受けるなど、早くから頭角を現してきました。また、ピアノの栗原里美(くりはらさとみ)さんは、伴奏者としてさまざまなコンサートに出演。その演奏は高く評価されています。

それではお聴きいただきましょう。三部恵梨(さんべえり)・栗原里美(くりはらさとみ)による演奏です。どうぞ。

 

【MC】

01:39 MC

みなさん、こんにちは。三部恵梨と申します。

本日はクラッシックの歌を3曲、栗原さんとお送りしたいと思います。

1曲目は、ヘンデル作曲のイタリア「オペラ「リナルド」より~私を泣かせてください~」という曲です。戦争の策略に巻き込まれ、魔女に捕らわれ、自由を失ったアルミレーナが自分の悲運を嘆くシーンで「私を泣かせてください」と歌います。

そして2曲目は、イタリアの作曲家マスカーニの「アヴェ マリア」です。この曲は、マスカーニのオペラ カヴァレリア・ルスティカーナで演奏される間奏曲があまりに美しいことから歌詞がつけられました。「聖母マリアよ。苦しみ、救いを求めるものへ希望を呼び覚ましてください。慈悲深い方よ。私の苦しみをみてください。どうか私を見捨てないでください」と歌われます。2曲とも一見暗い曲ですが、美しい音楽にのせられると、悲しみや苦しみも喜びと同じように尊い感情のひとつなのだなと思わされます。今世界中で広まっている悲しい感情も音楽とともに流れていくよう祈りを込めて歌います。

 

【1曲目】

03:07 オペラ「リナルド」より ~私を泣かせてください~

 

【2曲目】

07:47 アヴェ・マリア

 

【MC】

10:56 MC

 

3曲目は ドニゼッティのオペラ「シャモニーのリンダより ~私の心の光~」という曲です。待ち合わせに遅れてしまい、恋人と会えなかったリンダ。一人残念がりつつも、恋人と愛し合って生きられる人生に喜びが溢れ、湧き上がってくる思いを軽やかな音楽で表現しています。どうぞお楽しみください。

 

【3曲目】

11:35 オペラ「シャモニーのリンダより」 ~私の心の光~

 

司会者

豊かな歌声と息の合った演奏、本当にありがとうございました。

幸区のレストランでのお二人のクラシックライブも毎回好評を博しているということです。三部さん、栗原さん、本当にありがとうございました。

 

 おわり

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 幸区役所まちづくり推進部地域振興課

〒212-8570 川崎市幸区戸手本町1丁目11番地1

電話:044-556-6606

ファクス:044-555-3130

メールアドレス:63tisin@city.kawasaki.jp