スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

まちのひろばフェス

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年11月26日

コンテンツ番号109694

「まちのひろばフェス2021」を開催します!!

 平成31(2019)年3月に策定した「これからのコミュニティ施策の基本的考え方」に基づく取組として、より多くの方にコミュニティ活動やつながりの大切さをお伝えするため、今年度は子育て世代の方々に地域活動を身近に感じてもらえるよう、「子育て」をテーマとして、まちのひろばフェスを開催します。

 子育てをテーマに地域活動を行っている団体をお招きし、実際の活動を体験できるとともに、地域活動の楽しさ、子育てと活動の両立等について楽しいトークもお届けいたします。

 また、地域の活動を支える視点からソーシャルデザインセンターの方とのトークセッションや、まちのひろばフォトコンテスト2021の結果発表も併せて行います。

 ぜひご参加ください。

 →YouTubeの視聴はこちらをクリック外部リンク

 →アンケート外部リンクのご協力も併せまして、お願いいたします。

※後日アーカイブにつきましても、川崎市コミュニティチャンネルに投稿いたします。

 

概要

【日時】
令和3年11月27日(土)13:00~15:00(12:45開場)

【場所】
川崎市総合自治会館 大会議室 (コスギサードアベニュー4階)

【参加方法】
(1)来場による参加(30名程度)【募集終了】
(2)オンライン(Zoom)による参加(50名程度)※質疑可能です。【募集終了】
(3)オンライン(YouTube)による生配信の視聴※申込不要
  →YouTubeの視聴はこちらをクリック外部リンク

いベント内容

過去の開催結果について

令和2年11月1日「まちのひろばフェス2020 これからのコミュニティ活動を考えよう~withコロナ、afterコロナ~」

 新型コロナウイルスの影響で、対面によるつながりづくりが難しい状況においても、人々の心の安定や豊かさのためには、「つながり」や「コミュニティ」が大切ではないでしょうか。
 NPO法人CRファクトリーの呉哲煥代表理事による基調講演(Zoom出演)のほか、「新しい生活様式を取り入れた活動のあり方」をテーマに、地域で活動している方々のトークセッション(Zoom出演)などを通じて、コロナ禍において、これからも活き活きと活動していくために、新しい生活様式に沿ったつながり方を一緒に考えるイベントを開催しました。

多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。
開催結果は次のとおりです。
 
 なお、当日の様子は「川崎市コミュニティチャンネル」にアップしております。YouTubeの視聴はこちらをクリックしてください(川崎市コミュニティチャンネルにリンクしています)。外部リンク






令和2年1月19日「みんなでつくる こどもが安心できる場所」

 「まちのひろばフェス」のスピンオフ企画として、NPO法人フリースペースたまりば理事長の西野博之さん他をお招きして、「こどもが安心できる場所」をテーマに、かわさきこども食堂ネットワークと合同で講演会を開催しました。 

 多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。
 開催結果は次のとおりです。








令和元年11月4・9日「まちのひろばフェス2019」

 11月4日では、首都大学東京の饗庭伸教授による基調講演のほか、地域で「まちのひろば」を実践している方との分科会形式による意見交換を行いました。
 11月9日では、地域食堂としてのこども食堂について、東京大学先端科学技術研究センターの湯浅誠特任教授による基調講演のほか、子どもの未来サポートオフィスの米田佐知子代表を聞き手に迎え、ゼミ形式による意見交換会を開催しました。 

 多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。
 開催結果は次のとおりです。

 









このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 市民文化局コミュニティ推進部協働・連携推進課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル7階

電話:044-200-3708

ファクス:044-200-3800

メールアドレス:25kyodo@city.kawasaki.jp