ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

サンキューコールかわさき

市政に関するお問い合わせ、ご意見、ご相談

(午前8時から午後9時 年中無休)

閉じる

川崎都市計画道路の変更(高速湾岸線)について

  • 公開日:
  • 更新日:

都市計画案の縦覧について

縦覧期間

令和6年2月5日(月)から令和6年2月19日(月)まで

縦覧場所

ホームページでの公開について

ホームページ上でも都市計画案の内容を閲覧いただけます。

※都市計画案はこちら(リンク)

意見書について

川崎市民及び利害関係人の方が都市計画案に対して、縦覧期間中に意見書を提出することができます。

提出期間

令和6年2月5日(月)から令和6年2月19日(月)まで

提出方法

川崎市まちづくり局都市計画課宛て持参または郵送若しくは下記専用フォームから提出してください。(ファクスや電子メール等での受付は行っておりません。)

(1)川崎市まちづくり局都市計画課宛て持参又は郵送

〒210-8577 川崎区宮本町1番地 川崎市まちづくり局計画部都市計画課

※市役所宛ての郵便物は、専用郵便番号(〒210-8577)をご記入いただければ住所の記載を省略することができます。

下記添付ファイルから参考様式をダウンロードできる他、数に限りはございますが各縦覧場所でも配布しております。

(2)専用フォームから提出

下記をクリックすると画面が専用フォームへ移動しますので必要事項を入力してください。

こちらのフォームを利用されますと、外部からの不正な傍受や改ざんができないように、暗号化されて情報が送信されます。

意見書を提出する外部リンク

都市計画の決定の概要について

計画区域周辺図

計画区域周辺図(高速湾岸線)

※画像をクリックすると拡大表示できます。

計画の目的

 本市では、令和5年8月31日に「JFEスチール株式会社東日本製鉄所京浜地区の高炉等休止に伴う土地利用方針」を策定し、扇島地区等の果たすべき役割、土地利用の方向性、導入機能、基盤整備に関する本市の考え方などを取りまとめ、カーボンニュートラルの実現と次代の柱となる新たな産業の創出を図るなど、川崎臨海部の長期にわたる持続的発展に繋げ、市民の生活を支えるとともに、我が国の課題解決に資する効果的な大規模土地利用転換を早期に実現をすることとしています。

 川崎都市計画道路1・2・1号高速湾岸線は、首都圏の自動車交通の大動脈として、人や物流の交通を支える自動車専用道路の一つであり、昭和52年8月に東京湾沿いの各都市における相互連絡と内陸部交通の緩和を図るため都市計画決定され、現在までに川崎市川崎区扇島地内の出口1箇所、入口1箇所を除く総延長約8,670mが完成しております。本路線のうち川崎市川崎区扇島地内については、東京方面との出入口を都市計画しておりましたが、扇島地区の土地利用転換に伴う交通需要を処理するために新たに横浜方面との出入口を設ける必要があることから、都市計画道路の変更を予定しています。

具体的な都市計画の内容について

手続きの流れについて

手続きフロー図

※画像をクリックすると拡大表示できます。

公聴会、縦覧等の御案内をメールマガジンで配信します。配信を希望される方はこちらから御登録をお願いします。(太枠で囲われた手続きについて、メールマガジンの案内が配信される予定となります。)

今までの手続きについて

素案説明会の開催

令和5年10月16日(月)に川崎市役所本庁舎2階ホールにて開催しました。

説明会で使用した資料は、下記添付ファイルから閲覧及びダウンロードできます。

素案の縦覧

令和5年10月17日(火)から令和5年10月31日(火)まで下記の7箇所で縦覧しました。

  • 川崎市まちづくり局計画部都市計画課
  • 川崎区役所3階市政資料コーナー
  • 川崎区役所大師支所
  • 川崎区役所田島支所
  • 川崎市立川崎図書館
  • 川崎市立川崎図書館大師分館
  • 川崎市立川崎図書館田島分館

公聴会の中止について

令和5年11月11日(土)午前10時から予定していました公聴会は、公述の申出がありませんでしたので開催いたしませんでした。

お問い合わせ先

川崎市まちづくり局計画部都市計画課

住所: 〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話: 044-200-2711

ファクス: 044-200-3969

メールアドレス: 50tosike@city.kawasaki.jp

コンテンツ番号154566