スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

動物愛護センター所長挨拶

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年4月16日

コンテンツ番号17231

川崎市動物愛護センターは、公募により「ANIMAMALL かわさき」の愛称をいただき、平成31年2月12日に中原区上平間に移転開設しました。

ANIMAMALLかわさきは「動物を通じて、誰もが集い、憩い、学べる交流施設」として、動物に係る個人・団体等と連携・協働し、「いのちを学ぶ場」「いのちをつなぐ場」「いのちを守る場」としての役割が発揮できるよう整備されました。

「いのちを学ぶ場」として、市内小中学校や保育園等を対象に、動物を飼うことの責任や命の大切さを学ぶ「いのち・MIRAI教室」を実施しています。職員が学校等に出向いて授業を行う訪問型と、ANIMAMALLかわさきで実施する来所型とがあります。

「いのちをつなぐ場」として、保護した動物が新しい飼い主と出会う譲渡会を実施しています。また、保護動物の健康管理や迷子の犬や負傷した犬・猫の保護・治療や元の飼い主への返還を行っています。

「いのちを守る場」として、災害時に必要な餌、猫用トイレ砂、ペットシーツ、ケージ等の物品を備蓄し、災害時の対策を行っています。

ANIMAMALLかわさきの運営は、行政だけが行っているわけではありません。近隣の皆様、ご寄附くださる皆様、動物愛護団体やボランティアの皆様、そして、公益社団法人川崎市獣医師会をはじめ関係団体の皆様等多くの方々のご理解・ご協力・ご支援をいただいております。

また、ネーミングライツパートナーとして民間企業からのご協力もいただいており、NITTOKU株式会社様には適正飼養啓発室を、新日本カレンダー株式会社様には猫との集いのエリアを、日本ヒルズ・コルゲート株式会社様には研修室を、それぞれNITTOKU適正飼育啓発室、ペピイにゃんmeetsルーム、ヒルズ研修室として命名していただき、各種研修や譲渡会の場として活用しております。

このような取組を通じて、人と動物が共生する社会の実現に向けて、職員一同頑張ってまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

川崎市動物愛護センター ANIMAMALL かわさき 所長

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所動物愛護センター

〒211-0013 川崎市中原区上平間1700番地8

電話:044-589-7137

ファクス:044-589-7138

メールアドレス:40dobutu@city.kawasaki.jp