スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

令和2年度『高津せせらぎプレーパーク』 開催報告

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年2月5日

コンテンツ番号125440

令和2年度 多摩川河川敷「せせらぎと親子広場」における高津せせらぎプレーパークを開催しました!

実施団体の『高津せせらぎプレーパークやレンジャー』(鈴木暁子代表)は、子どもの歩いて行ける近所にプレーパークが欲しいという声や子どもがのびのびと遊べる場所が少ないという想いから、川崎市子ども夢パーク外部リンク(高津区下作延5-30-1)まで遊びに通う子どもを持つ親などを中心に2019年10月に設立されました。

その後、2020年度高津区市民提案型協働事業に応募・採択され、「令和2年度高津せせらぎプレーパークプロジェクト」として初めて川崎市高津区下野毛の多摩川河川敷の一角にある「せせらぎと親子広場」で8月から12月までの間に月に1回ペースでプレーパークを開催しました。コロナ禍のため感染防止対策を取りながらプレーパークを開催し、毎月平均して150人ほどの参加がありました。みんな思い思いの遊びに夢中でマスクからはみ出しそうな笑顔がたくさん見られました!

今年度初めての開催でしたが、地域の建設会社から建築資材の余りを提供してもらったり、参加者から「良かったらプレーパークで使ってください」とドングリや松ぼっくり、毛糸などの提供を受けたり、多くの方の協力により実施できたと感じています。

また、高津区子ども会連合会(氷カーリング)や紙しばいや もっちぃ(青空かみしばい)、市建設緑政局多摩川施策推進課(水辺で乾杯・日本モルック協会等)など多くの団体とのコラボレーションが実現しました。

高津せせらぎプレーパークは、子どもの「やってみたい!」に挑戦できる場所です。

木登りに挑んでいたり、のこぎりやトンカチで何かを一生懸命に作っていたり、ベーゴマバトルをしていたり、ここでは「危ないからやっては駄目」といった禁止事項は少なく、見守る大人は手出しも口出しもせず、子どものやってみたい気持ちを大事にします。
8月に開催した水辺で自然観察イベント(多摩川のたまりでガサガサ!)

8月に開催した水辺で自然観察イベント(多摩川のたまりでガサガサ!)

即席の手作り看板でけん玉対決コーナ

即席の手作り看板でけん玉対決コーナー

<高津せせらぎプレーパークって?>

危ないからと遊びを禁止したりせず、高い所に登りたい、工具を使いたいなど、子どもが安心して挑戦できるように見守ります。

 安全への気配り、ケガの手当ては大人の役目。ご来場の大人の方にも、子どもの見守りボランティアをお願いしています。

<こんなことして遊べるよ>

木のぼり、のこぎり、とんかち、

ボールあそび、虫とり、草花あそび、鬼ごっこなど自由にあそべるよ。

<大人の方へ こんな協力たすかります!>

・遊び場の設営や片づけ

・ごみ拾い

・ケガをした子どもの手当てなど衛生・救護

・安全面の見守り

・遊びのサポート(例えば…工作用の木材、クギ、工具の提供)

・運営メンバー「やレンジャー」に参加する(一緒に遊び場を作ってくれる仲間を随時募集中!)

高津せせらぎプレーパークは、「みんなで作るみんなのプレーパーク」です。この遊び場は、ボランティアで成り立っています。参加される方もできるタイミングでお手伝いなどご協力いただけますと大変助かります!

高津せせらぎプレーパークのことをもっと知りたい場合は、高津せせらぎプレーパークやレンジャーのホームページ外部リンク等を御覧ください。メンバー募集等の問合せもホームページ内【問合せ】からメッセージ送信してください。

(令和3年度の開催日程等は現時点では未定です)

こんな協力たすかります!一覧

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

高津区役所地域みまもり支援センター地域ケア推進課
〒213-8570 川崎市高津区下作延2丁目8番1号
電話:044-861-3313
ファクス:044-861-3307
メールアドレス:67keasui@city.kawasaki.jp