スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

【終了】「1日しっかり減災DAY」オンラインワークショップ(2月23日開催)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年2月25日

コンテンツ番号126125

減災ワークショップガイドブックの写真
減災ワークショップガイドブックの写真

2月23日は「1日しっかり減災DAY」

高津区では、災害時における区民の自助・共助力を高め、地域防災力の向上につなげるため、令和2年度高津区市民提案型協働事業として、株式会社ノクチ基地と協働で溝の口減災ガールズの協力のもと「減災ワークショップガイドブック」を作成しました。

このガイドブックは、「いつ起こるか分からない災害について、他人事ではなく自分事として考える」「災害への不安に対して、楽しみながら知恵をつける」という観点から作成したもので、誰もが今日から日々の暮らしに取り入れられることを掲載しています。

この度、このガイドブックで紹介している内容の一部を、より分かりやすく解説するワークショップ「1日しっかり減災DAY オンラインワークショップ By溝の口減災ガールズ」を開催します。「災害に対する漠然とした不安はあるけれど、何から始めたらいいのか分からない」そんな方はぜひ御参加ください。

開催日

令和3(2021)年2月23日(火・祝)

全3回講座を実施します。興味のある講座のみの参加も大歓迎です。

【第1回】「ハザードマップを知ろう」<減災ラボ・鈴木 光 氏>

11時00分~11時40分

御自宅や勤務先など御自身が関わるエリアにどのような災害リスクがあるのか(=災害時にどのような状況になるのか)を知っておくことは非常に重要です。実際にハザードマップを使用して御自身に関わるエリアの災害リスクを可視化してみましょう。

【第2回】「ポリ袋クッキング」<溝の口減災ガールズ>

12時30分~13時00分

“災害による断水などライフラインが止まってしまった”そんな中でも美味しい食事をしたいものです。1つのお鍋でメインディッシュからデザートまで作れる「ポリ袋クッキング」をみんなでやってみましょう。

「ポリ袋クッキング」とは…具材をポリ袋に入れ1つのお鍋で同時に加熱する調理法のことで、断水下で水が無駄にできないときに効率的です。

【第3回】「災害時のトイレ事情」<溝の口減災ガールズ(ゲスト:wooマンボ―プロジェクト 濱田 晴子 氏)>

13時30分~14時00分

意外と知らない災害時のトイレ事情。在宅避難でトイレが使えない日が何日も続いたらどうやって過ごしますか?(汚物処理だけでなく臭いの問題も)。トイレの作り方や役に立つグッズを御紹介します。実際に御夫婦で1週間試してみたという濱田さんに体験談をお聞きします。

開催方法

「Zoom」を使用したオンラインによる開催

 Zoomを利用するためには、インターネット回線がつながったパソコン、スマートフォン、タブレットなどを御用意いただく必要があります。

対象者

高津区在住の方(年齢・性別は問いません)

定員・参加費

各講座50名まで(先着)・参加費無料

参加申込【2月22日(月)12時00分まで】

次のいずれかの方法でお申し込みください

 ・溝の口減災ガールズあてメール(shino@wa2.jp

  お名前、連絡先、参加人数、参加したい講座、お住いの町丁名を記載してください。

 ・高津区役所危機管理担当あて電話(044-861-3146)

※お申込後、「Zoomの当日参加用URL」と「事前に御用意いただくもの」をお伝えいたします。

※イベントの詳細はこちら外部リンク(溝の口減災ガールズFacebook)をご覧ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 高津区役所危機管理担当

〒213-8570 川崎市高津区下作延2丁目8番1号

電話:044-861-3146

ファクス:044-861-3103

メールアドレス:67kikika@city.kawasaki.jp